プロロ・エピローグ:西山 秀

 

 

 

俺の望みは何だったんだろうなぁ。

 

 

 

 

そう、俺は俺の前に続く出口の見えない長い長い道のりを見て思った。

 

 

俺はがむしゃらに走って、ただ、ただ前だけを見て走り続けてきた。

 

 

どうにかしないといけない。

けれど、どうしようもない。

 

 

どうしていいかわからなかったんだ。

 

どうしたら前に進めるのか。

 

どうすれば、このどうしようもなく出口の見えない現実から抜け出せるのか。

 

 

 

どうすれば、

 

 

俺の望みを思い出せるのか。

 

 

 

 

俺はがむしゃらに動かし続けた足を止め、そしてふと思った。

 

 

 

俺は何がしたくて、どうしたくて、どんな風になりたくて。

 

 

生徒会長になったのか。

 

 

わからなくなって、どうしようもなくなって。

 

 

俺は振り返った。

今まで走ってきた道を、

 

そして、走ってきたずっとずっと後ろに続く道のりをジッと見つめた。

 

おぼつかない足取り。

切れる息。

 

ずっと後ろに続く道のり。

 

 

その道のりを見て、俺はゆっくり目を閉じた。

 

 

そうすれば、何か変わるんじゃないかと少しの望みを込めて。

 

 

何かが見つかるんじゃないかと思って。

 

 

目を閉じた。

 

 

目を、閉じたんだ。

 

 

 

 

 

 

 

なぁ、誰か。

 

 

少しだけ、俺の手を

 

 

 

引いてくれないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうして少年は、目を閉じた。

こうして物語は、

 

 

 

 

終わりを迎えたかのように

 

 

 

 

思えた。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました