※書類発見

——————

 

その頃、生徒会室。

 

 

 

 

 

「………これは」

 

 

秋田壮介はパンパンになったごみ袋を片手に、生徒会長の机の上に置かれた書類の束に目を奪われて居た。

先程までいらぬ書類とゴミで溢れかえっていた生徒会室は、数十分の間で見違えるほどとは言わないまでも、床が見えるくらいには綺麗になっていた。

その久方ぶりに現れた生徒会室の床の上で、秋田壮介は思わず机の上の書類を手に取る。

 

その厚さ、0.5センチ程。

枚数50枚程のその書類の束。

 

それらに書かれた文字はパソコンの文字ではなかった。

綺麗とは言い難い、歪んだ文字の羅列。

 

 

秋田壮介は思わず机上の閉じられたパソコンと、散乱する定規と消しゴムのカスの山に目を瞬かせた。

それらは全てが全てを物語っていた。

 

 

そう、その書類は全て。

 

 

「………手書きだと?」

 

 

秋田壮介は開いた口が塞がらないまま、しばらくその書類に目を奪われて居た。

 

 

タイトルとURLをコピーしました