エピローグ:キャンプから帰ったものの

———

——

 

 

「さ、どんどん食えよ!敬太郎」

「……」

 

 

 一泊二日の自然体験学習を終え、三日が経ったこの日。

 何故か、俺は現在、一郎と一緒に何やら高級そうなイタリアンの店に居た。

 

「あぁ、もう。やっとお前と遊びに来れたぜ。十三回誘って、やっと一回って……はぁっ。夏休みも、もう終わっちまうわ」

「……おい、そんな事より。ここって子連れで来るような場所じゃ、絶対ないだろ」

「あ?なんだよ。不満か?ここのパスタ、うめぇぞ。ほら、食え」

「でしょうね!?」

 

 他の客層を見てみれば、明らかに仕事の席として利用しているビジネスマン達か、残りは完全にデートにしけこむカップルたちだ。

 一郎。どうして俺と来る場所に、ここをチョイスした。ファミレスでいいだろ、ファミレスで。

 

「だって、お前が誘いを断りまくるからよ。お前と夏休みに遊びに行く為に取ってた金、全部残ってんだ。だからパーッと使わねぇと」

「……パーッとって。頼むから貯金して」

「いんだよ。どうせ金使う場所なんか、お前と以外ねぇんだから」

「どうしてそうなる」

 

 まったく、こんな事ばかり言う。

 一郎ときたら、昔から0か100と極端すぎるのだ。俺とじゃなきゃ金を使わないって。一体何なんだ。その理屈は。

 

 俺は目の前に用意されたズワイガニのトマトクリームパスタに、ソッとフォークをさした。マナーなんて分からないので、いつも通りフォークだけで、クルクルと麺を巻いて食べる。

 そんな俺を、一郎はテーブルに肘をつきながら、自分の分の食事には手をつけず、ジッと此方を見ていた。

 

「あ、そうだ」

 

そして、ふと思い出したように尋ねてくる。

 

「おい、敬太郎。そういや……ねぇとは思うが、童子の野郎から何か接触はねぇか」

「ないよ。あるワケない。こないだからずっと言ってるだろ?」

「ったく!お前は知らないと思うけどなぁ!アイツはとんだド変態野郎だ!マジでお前みたいな警戒心のないガキなんて、捕まえようと思えば秒で捕まえられんだからな!」

「ちょっと、一郎。もっと静かに」

 

 俺は「シッ」と口の前に人差し指を立てると、体の大きくなっただけの子供を諫める。

まったく、周囲の高級感のある雰囲気の中、格好だけなら一人前なのに、一郎ときたら声も態度も最悪だ。

 

「……おい。だから、そういうアザとい態度が変態を引っかけんだよ。敬太郎、お前にも原因はあんだからな?反省しろ。包丁で指切った時だってよぉ」

「はぁ?俺のどこがあざといんだよ!?」

「……おい。さては、お前自分が可愛い事を気付いて、分かってやってんな?」

「は?一郎、お前……俺の事可愛いとか思ってるのか?」

 

 俺がフォークをパスタに刺したまま一郎の方を見てみると、そこには、ハタとした表情で固まる一郎の姿があった。

 

「……」

「一郎?」

「ちげぇよ。俺はちげぇ」

「なにが」

「違うかんな!?」

「だから、何がだよ!?」

 

 俺は急に、俺に向かって怒鳴ってきた一郎に、最早意味がわからなかった。よく見れば、少し顔が赤い。

 

「俺は童子とは違ぇ。俺はお前が大人だっていい」

「は?だから何の話だよ」

「むしろ、大人がいい!」

「だから、何なんだよ!?」

 

 もう完全に訳が分からない。しかし、一郎は混乱する俺を余所に、何がどうしたのかテーブルに両手をつくと、俺の方まで身を乗り出してきた。

頼むから、こういう店で、そんな子供みたいな態度は止めてくれ!

 

「つーか、敬太郎!お前、早く大人になれ!童子の変態からお前を守るには、もう完全にソレしかねぇ!」

「な、何がだよ」

「童子はガキにしか興味がねぇからな。せめて高校……いや。中二くらいになったら、多分あのテのヤツの許容範囲から外れる!そして、俺的には、お前が早く大人になってくれれば、周りにどうこう言われずに一緒に遊べるから、一石二鳥だ!」

 

 そう言うと「な?いい考えだろ?」と、まるで小学生の頃のまんまの一郎の顔で言ってくるもんだから、俺は思わず吹き出した。

 

「そうだな」

「そうだろ?な、敬太郎。だから、早く食って大人になってくれ」

「うん」

 

 そうだ。

子供の頃には戻れないが、俺が“大人”になれば、またあの頃のように、一郎とまた思い切り遊べるようになるのだ。前の俺には出来なかった事が、今の俺には出来る。

 

やっと、出来るのだ。

一郎と一緒に、大人になる事が。そう思うと、俺は――。

 

「楽しみだなぁっ」

 

 俺はそう遠くない未来を思い、また二人であちこちに遊び回る姿を想像して、堪え切れずに笑った。そんな俺に、一郎はまたしても完全に固まると、また一人でブツブツと頭を抱えて呻き始めた。

 

「俺はアイツとはちげぇ。ちげぇ。可愛いってそういうんじゃなぇ」

「……」

 

 一郎のヤツ、また童子さんの事を言っている。

 俺は先程の一郎の口にした言葉を思い出しながら、ズボンのポケットの紙の存在をハタと思い出した。

 

——童子はガキにしか興味がねぇからな。

 

 果たしてそうなのか。

 肝試しの時、童子さんから贈られた一枚の紙と、帰り際に向けられた甘ったるい笑みを思い出して、俺はまたしても酔いそうになった。

 

 あの、割りばしの瓶の下に置いてあった一枚の紙。そこには、意外にも崩れた乱暴な字で、こう書いてあった。

 


 

また、甘えたくなったら、いつでも連絡しておいで。

敬太郎君は特別。

 

 

大人になった後でも、ね。

 


 

 

 その、メッセージと共に、電話番号やら、メールアドレスやら、SNSのアカウントやら、果ては自宅の住所まで。ともかく、ありとあらゆる童子さんの連絡先が書かれていた。

 

 見ているだけで、酔いそうな紙ギッシリに書かれた、彼との接点の糸。

 酔う。

 

 

「おい、敬太郎?」

「一郎?」

 

 またしても、良いタイミングで“酔い留め”の声が聞こえてきた。

あぁ、良かった。また、正気に戻れた。この紙は危険だ。持ってると、ふとした拍子に、こちら側から接点を持たせようとしてくる力を持つ。

 

童子さんの、あの甘ったるい“酔い”は、弱さに付け込むズルさで溢れている。

 

「敬太郎?どうした?」

 

 そう、不安そうな表情で此方を見てくる一郎に、俺は巻き途中だったパスタを、再びくるくる巻くと、そのまま一郎の方へと差し出した。

 

「ほら、一郎。美味しいよ。はい、あーん」

「……お、おう」

「あと、これも。一郎がどうにかして」

「ん?」

 

 俺は差し出したパスタに口を付ける一郎に、ポケットに入れていた童子さんからの、山のような連絡先とメッセージの書かれた紙を取り出した。

 これは、“子供”の俺には手に余る。

 

 大人の一郎に対応してもらう事にしよう。

 

「ん。なんだ、こりゃ」

 

 受け取った紙を見た数秒後。

 

 

 一郎の怒声が店中に響き渡ったのは、まぁ言うまでもないだろう。

 

 

 

 

 

おわり


な、長かった。

読了お疲れ様です。

ちなみに、童子は、敬太郎の血の付いたシャツを洗っておりません。完全保管。

一郎は激怒の上、童子に連絡(SNSも監視の為に見る)を取って、その事を知らされ、更に大激怒する。そんな、感じになる予定です。

 

 

転生してみたものの番外編4
米騒動
タイトルとURLをコピーしました