転生してみたものの

転生してみたものの

その31:転生してみたものの

---------------------- その31:転生してみたものの ----------------------- 俺はやっぱり、敬太郎だった。 チーン、チーン。 一郎と俺はそれぞれ、りんを...
転生してみたものの

その30:あの頃のキミを知ったものの

一人で新しい世界に行った俺。 残された世界で生きてきた俺の両親。 現実を受け入れられず、俺がもがいていた時。 一郎。 お前は現実を受け入れる為に、たった一人、もがいていたんだな。 ---------------------...
転生してみたものの

その29:躊躇ってみたものの

お母さん。 ねぇ、お母さん。 俺が死んだ時、お母さんは泣いた? 悲しかった? あれから10年経ったよ。 ねぇ、お母さん。 今、あなたは笑っていますか? ------------------------ そ...
転生してみたものの

その28:思い出探索に向かったものの(2)

(大好きだ!敬太郎!) そう、机に書かれた言葉。 恥ずかしげも無く書かれたソレに、俺の方が恥ずかしくなったのを今も覚えている。 なぁ、一郎。 あの言葉は今もそうだと、信じてもいいだろうか。 ------------...
転生してみたものの

その27:思い出探索に向かったものの(1)

あの日見ていたもの。 当たり前のようにあったもの。 大きく、広く、そして全てが輝いていた故郷。 あぁ、10年の月日は、それら全てを呑みこんでしまったようだ。 ------------------------- ...
タイトルとURLをコピーしました