風を切って歩け(コメントページ)

 

作品に関するコメント(レビュー)ページです。頂けたら、とてもはいじが喜びます。

更新も、きっと笑顔で頑張れる事でしょう。

ネタバレ可ですので、逆に読まれる方はご注意ください。

コメント

  1. 春霞 より:

    この作品が完結していたのがとても嬉しいです。ハロウィンまでの一週間を学生コスプレで母校に行ってみるという発想が好きで、どの登場人物も生き生きしているように感じました。(さすがに痴漢のオッさんは痴漢やめれ〜と思いました。)

    私も自分自身、三十路が近くなり、謎のちゃんとしないといけない感みたいなものに焦っている時があります。

    でも、休日はストロー笛を作ったり、妹と猫語で喋ってみたり、絵を描いたり小さい時とそんなに変わらない。そこは変わりたくない。けど、なんだかそんなことを大人がするのって変とたまに言われたりします。大人に近づくとなんで遊びに誘われるのが専らお酒の席かカラオケなんだろう、と思いますが、作中の庄司くんは高校生コスプレからの様々な出会いから急に有給返上で出社したときに会社の同僚達もそんなに大人じゃないと感じたのが印象的でした。(番外編の宮古と庄司くんの関係急接近で悶え、少し記憶が曖昧になってしまい上記の同僚への描写が本編とは違っていたらごめんなさい。)

    あと、お爺さんが営むブックカフェ、近所にあったら絶対通うのにな〜と思いました。あそこをバイト先に選んで高校時代働いた庄司くん、めっちゃセンス良いですね。

    長くなってしまったのですが、この作品を読んでワクワクしたし自分の明日にもワクワクを持って生きたいな〜と思いました。
    R18の番外編もいつかまた読めたら嬉しいです。
    はいじさん、素敵な作品をありがとうございました。

    • はいじはいじ より:

      春霞様
       コメントありがとうございます。そうなんです。この作品、実はしれっと完結しておりました。私も自分ががっつり30代に乗っかってしまったところでこの作品を完結しに来たので、なんだか他人事とは思えない感情移入の中、続きを一気に上げたのでした。そうなんです。そうなんです。未だにニンテンドースイッチが欲しいと泣き喚いたりする(ひく)自分に、ふと我に返って何やってんだろと思うあの凪感。あってます、あってます。庄司は久々の出勤で大人達の姿を見て「なにこいつら殆どガキじゃん(意訳)」みたいな事を思っておりました。R18も必ず更新しに来ると思いますので、その時はどうぞ、米騒動も少しは成長したなと感慨深げに見てあげてください。にこり。

タイトルとURLをコピーしました