第25話:平凡

 

直接会う事なんかないと思っていたあの人が、俺の目の前に居た。

走って来てくれたのがすぐわかる位、あの人の息は上がっていて、それが嬉しくて俺は思わずお礼を言っていた。そしたら、あの人はビックリしたような顔で少し照れたような表情になると、一言だけ言葉を返してくれた。

 

どういたしまして。

 

その言葉が、手紙通りの彼で俺は手紙を握りしめたまま、また笑ってしまった。

あぁ、何だろう、この気持ちは。幸せ、と言うには熱すぎる。

嬉しい、と言うには物足りない。あぁ、なんて名前を付けたらいい?

こんなの初めてで全然わからないんだ。手紙……で書いたらわかるだろうか。

 

いや、やめとこう。きっと口で言えばすぐ終わるような事な気もするし。

 

とりあえず今は………あなたと言葉を交わせるだけで

 

十分だ。

 

 

タイトルとURLをコピーしました