プロローグ:愚図な犬には俺しか居ない!

 

 

 

 俺は、ずっと一人だった。

 

 

 

「初代様。やっと魔王を倒せましたね。全部一人で……本当に凄いです」

 

 “犬”が俺の元に走ってくる。

 倒した魔王の亡骸から出てきた、汚らしい血が跳ねる。足元が汚れるのなんて全く気にしていない。まるで本当に犬のようだ。

 

「初代様、怪我はありませんか?ヒールは?」

 

 この犬は、何故か旅の途中で俺について来るようになった。名前は分からない。何故なら、ずっと俺は、ソイツの事を“犬”と呼んでいたからだ。

 

「これで初代様もやっとお姫様と結婚できますね。おめでとうございます」

 

 犬も、俺の事をずっと“初代様”とか言うワケの分からない呼び名で呼んでいた。俺が一体何の初代だと言うんだ。ワケが分からん。

 

「俺にも褒美を?いいです、いいです!俺、何もしてません。全部、初代様が一人で頑張って来られたんです。俺は、此処まで一緒に連れて来て貰えただけで十分なんです」

 

そして、犬はどこに行くにも、ずっと俺について来た。

そこがどんな危険な場所でも。理不尽な要求をされても。人を殺す事になっても。

 

 

 俺が、どんなに嫌な奴でも。

 

 

 

「初代様、お幸せに。俺、貴方と旅が出来て良かったです」

「あの、子供、たくさん作ってください」

「えっと……明日の結婚式晴れるといいですね」

 

 そうやって、必死に俺の気を引こうと会話を続けてくる犬に、頭を撫でてやった。気持ちを隠さずに言うならば「犬が可愛く見えたから」だ。

でも、絶対にそんな事は言ってやらない。そんな事を言えば、犬が調子に乗る。上下関係はしっかり解からせておかないと。

 

 また明日聞いてやる、と言って。俺は犬に背を向けた。明日がある、明後日もある。なにせこの“犬”は俺のモノだ。

 

 俺が居ないと生きていけない、グズで、ノロマで、間抜けで、可愛い犬。そう思っていたのに。

 

 

犬は、俺の前から居なくなったのだ。

 

 

 

【初代様には仲間が居ない!】

 

 

タイトルとURLをコピーしました