157:サトシは何者、

 

 

「あのっ!『頑張れ、サトシ君』って言って貰っていいですかっ!」

「は?」

 

 ベッドの上で、ほぼ土下座のような体勢で頭を下げる俺に対し、頭上からは中里さんの、いや、カナニ様の呆けたような声が降ってきた。明らかに戸惑っている。そりゃあ、初対面の俺にこんな事を言われたら戸惑いもするだろう。

 しかし、この時の俺には、戸惑うカナニ様の声なんか一切気にならなかった。今、俺の思考を埋め尽くす“声”、それは。

 

 

——–飯塚さんの金言、何だったっけ?失敗を恐れてチャンスを棒に振れ、だったっけ?

 

 

 ちっくしょう!!

 あの時の金弥の顔と声を、俺は一生忘れないだろう!腹が立ったなんてモンじゃない!腹が爆発するかと思ったんだ!

 

あの瞬間は、本気で絶交して二度と口を利いてやるものかと思った。ただ、金弥が余りにも憔悴するもんだから、特別に一週間で許してやったのだ。

 

 そのくらい、俺はあの時の金弥に怒っていたのだ。だから、今の俺はカナニ様に引かれるかも、なんてちょっとした恐怖は屁でもない。俺の体の中に残っているアルコールも、俺の背中を押してくれている。

 

「カナニ様!お願いします!言ってくださるのであれば、俺!なんでもします!」

「何でもと言われても……」

「サトシ!何を言ってるんだ!ヴィタリックと言いカナニといい、サトシはこんなヨボヨボが好きなのか!?」

「うるせぇ!そうだよ!好きだよ!お前にヴィタリックとカナニの良さが分かってたまるか!?もう余計な事すんな!」

「イーサは何も余計な事なんかしてない!」

「そうだけどっ!!」

 

 今、金弥と同じ顔と声で割って入って来られると、いくら中身が違うとしても許せないんだよ!

 

「あ、あのな?サトシ。生き物というのは子孫繁栄の必要があるから、ヨボヨボより若い方が良いんだぞ!アイツらより、イーサの方がずっと若い!」

「うるせぇ!どうせ、お前と俺だって子孫繁栄なんてしねぇだろうが!今日こそ俺も『頑張れ、サトシ君!』って言ってもらうんだよ!」

「そんな事で良いなら、イーサがたくさん言ってやる!頑張れサトシ君!頑張れサトシ君!頑張れサトシ君!」

「だから!お前じゃ意味ねぇって言っただろ!?俺はヴィタリックとカナニから『頑張れ』って言ってもらえればそれでいいんだ!もうヴィタリック王からは言って貰ったし、今度はカナニ様から言ってもらいたいの!そしたら俺は頑張れるんだよ!」

 

 そう、俺がへばりついてくるイーサの腕から逃げ出そうとベッドの上でもがいている時だった。

 

「ヴィタリックが、」

「へ?」

「ヴィタリックが、君に頑張れと言ったのか?」

 

 それまで黙って此方を見ていたカナニ様が、何やら驚いたような声で俺に尋ねてきた。それと同時に、それまでうるさく叫んでいたイーサまでもがピタリと黙りこくる。

 

「あ、いや」

 

 カナニ様に対して思わず“ヴィタリック”と口にしてしまったが、俺に「頑張れ」と言ってくれたのは飯塚さんの方だ。講義の後、金弥といっぱい質問して、予想よりうんと優しかった飯塚さんに、俺は思い切ってお願いした。

 

『あの、俺に“頑張れ”って言って貰っていいですか?』と。

 すると、飯塚さんは俺に“頑張れ”と言う前に、『キミ、名前は?』と尋ねてきた。何の事だと思いつつ『仲本聡志です』と答えると、飯塚さんは言ってくれたのだ。

 

『サトシ、君はまだまだ頑張れる筈だ。頑張れ』

 

 息が止まるかと思った。

 俺なんかよりずっと長く頑張ってきた憧れの人に、こんな事を言われてしまっては、もう頑張る以外にないじゃないか。

 

 あの時の飯塚さんの声と表情は、未だに忘れられない。

 

「……はい。まだまだ君は頑張れる筈だ。頑張れって、言ってくれました」

 

 そうだ。辛い時はいつも飯塚さんの金言と、その言葉が俺の心を支えてくれた。そうすれば、俺はまだまだ頑張れると思えたから。

 

「……ヴィタリックが、どうして君に。もしかして、先程の“あの”話もアイツから聞いたのか?」

 

 カナニ様の声が震えている。

 “あの話”とは俺が先程飲みの場でやった国家防衛戦線の事だろう。まさか、カナニ様自身に聞かれているとは思ってもみなかった。

 

 そりゃあ「お前は一体何者だ」なんて言いたくもなるだろう。

 

「えっと、そうです」

 

 さすがにここで、ゲームでプレイしたからです、なんて言えやしない。そんなの、どうせ信じて貰えないし、正直に言ったところで俺の現状は何も変わらないのだから。むしろ、面倒な事になるのは避けられない。

 

「どうして君のような一般兵の、しかも人間如きが王に面識を得る?しかも、君が生まれる頃には……もうヴィタリックは病に、」

「父上、それ以上はもう」

「……しかし、」

「貴方はあの方が絡むと発言が迂闊になります。せめて時と場所を選び、発言に自覚を持ってください。貴方はまだ国家の“要人”なのですよ。腑抜けるのもいい加減にしてください」

 

 マティックが厳しい表情で制止をかける。そんな息子からの苦言に、カナニ様はヒクと眉を顰めたが、何も言わなかった。

そうだ。もう今はマティックが実質の宰相なのだ。ヴィタリックが……飯塚さんが、亡くなってしまったから。

 

もしかして、声の一部を失ってしまったカナニ様はもう、頑張る事が出来なくなってしまったのだろうか。

 

「サトシ」

「どうした?イーサ」

「サトシ、お前は……アイツに会ったのか?イーサよりも先に、あの男と」

 

 俺の腕を必死に掴みながらイーサが尋ねてくる。そして、その問いはイーサだけのモノではない。ここに居る全員が俺に対して思っている事だ。

 

 さぁ、俺はここでどう答える?

此処に居る全員が、今や俺の言葉に……否。俺の声に注目している。しかし、この注目は先程のお話会で得たような、純粋な興奮や熱狂と言った類のモノではない。

 

疑問と不信感。立場上、父親であるカナニを制止したマティックですら、俺に向ける視線はその二つで彩られている。

 

俺の腕を掴むイーサが俺に向けるのは、そうだな。不満と不機嫌と言ったところか。自分の知らない所で、王である父親と会っていたなんて、そりゃあ俺を自分の“ぬいぐるみ”のように扱うイーサにしたら気に食わないだろう。

 

イーサといい金弥といい、この二人は妙にヴィタリックと飯塚さんに対して妙に反抗的だ。

 

「ふぅ」

 

しかし、こんな状況ですら、注目を浴びているという一点に置いて、俺は心の奥底で妙に興奮してしまっていた。今、俺が口を開いたら。ここに居る全員が、俺の声に注目するのだろう。

 

そう思うと、たまらない。

 

「俺がヴィタリック王に会ったのは、たった一度だけです」

そう俺が飯塚さんとあったのも、あの日の一度きり。

 

 

 今から俺が話すのは、真っ赤な嘘だ。なにせ、本当の事なんて言えやしない。でも、真っ赤な嘘で、ホントをくるむ。中身は、俺にとっての“本当”だ。

 

 そういう話を、今からしよう。

 

タイトルとURLをコピーしました