番外編1:別垢フォローは浮気に入る?(茂木×大豆)

番外編1:別垢フォローは浮気に入る?(茂木×大豆)

※会話文のみ

 

 

茂木「……(あ、更新されてる)」

 

 

大豆「あ」チラ

茂木「っ!(大豆先輩にフォロー用の別アカ見られた!)」バッ!

大豆「あ、ごめん。見るつもりなかったんだけど、ちょっと目に入っちゃって」

茂木「いえ。コッチはあまり使用しないアカウントで。普段は一切見ないと言っても過言ではなく」おろ

 

大豆「SNSって、いくつもアカウントが作れるもんね」

茂木「いえ!俺が普段使うのは豆乳さんと繋がってる、あのアカウントだけなので!あ、もう消しましょうね!このアカウントは!俺には豆乳さんのサイトさえあれば問題ありませんので!(見られた見られた俺は貴方しか居ない貴方しかいないのに!)」

 

大豆「えっ!もったいないよ!何で消すの!?たくさん有名な作家さんをフォローしてるのに!」

茂木「あ゛ーー!違う!違うんです!弁解させてくださいっ!俺の神は豆乳さんだけです!唯一神です!」

 

野田「ん?豆乳?神?」

 

大豆「茂木君!やめて!その名前を大声で言わないで!こっち来て!」ぐい

 

ロッカールーム

茂木「すみません。取り乱しました」

大豆「あの?大丈夫?お茶買って来ようか?」

茂木「大丈夫です。水筒がありますので……あの俺がコメントをするのは、と……大豆先輩だけです。なので、消しても何ら問題はありません」必死

大豆「よく分からないけど、消さなくて良いと思うよ?」

 

大豆「勝手に見て、ごめんね。ちらっと見せてもらったら、俺も読んでる人達ばっかりだったから……思わず」

茂木「え?大豆先輩も読まれてるんですか?」

大豆「うん、投稿サイトのアカウントもあるよ」

茂木「は!?小説を投稿されてるんですか!?」ガバッ

大豆「え、しないよ!読んでるだけ」

 

茂木「ROM専ですか……本当に?」

大豆「本当だよ!だって、投稿して順位が付いたりするの、何か怖いし。どうせ、誰も読んでくれないだろうから」

茂木「とう…大豆先輩に限ってそんな事は…(いや、投稿されて俺以外がファンに付いたりしたら業腹だからな。このままでいい)そうですね」

 

大豆「でしょう?だから、読むのに使ってる。さっき茂木君が見てた人も、俺好きだよ。コメントもした事があるんだ」

茂木「えっ!?大豆先輩!コメントされるんですか!?」

大豆「うん。するよ。返事貰えるの嬉しいよね」

茂木「……そうですね(今晩、アカウントを特定しよう)」

 

 

—-夜

 

茂木(大豆先輩の事だ。アカウント名の使い分けしないだろうと思ったら…… 豆乳と誕生日でアカウント作って。危機感のない人だ。変な奴に見つかったらどうするんだ)

 

じっ

 

茂木(コメントの履歴を……よし。誰にコメントをしてるのか。全部チェックしないと)

 

茂木(いくら読者としても、あんな熱量で他人にコメントなんかされたら、嫉妬せざるを得ない)

 

カタカタタ

 

茂木「あった……なになに?」

 

——-

好きです!

投稿者:tounyu0312

——-

茂木「……ほう。他には」

——-

凄く萌えました!

投稿者:tounyu0312

——-

茂木「……うん」

——-

最高でした!

投稿者:tounyu0312

——-

——-

大好きです!

投稿者:tounyu0312

——-

——-

すき!

投稿者:tounyu0312

——-

茂木「思ったより、アッサリしている……が」

——-

一番好きです!

投稿者:tounyu0312

——-

茂木「これはこれで……腹が立つのは何故だ」

 

 

コメントは長けりゃいいってもんじゃないんだよ。茂木君(自戒)

豆乳以外の作家をフォローしているアカウントを見られて焦る茂木。浮気してるのがバレたみたいな気持ちになってる。

 

——-

仕事の勉強になるます!応援してます!

投稿者:tounyu0312

——-

茂木「【営業課社畜の異世界顧客リスト~限界集落!ドワーフの建築技術を世界に売り込め~】……豆乳さん、BL以外も読むのか。しかも、この短い文章で……誤字。しかも、仕事の勉強に……なるのか?」

 

 

タイトルとURLをコピーしました