11時間差ラブレター+α

11時間差ラブレター

+α薫

 

 

 

 

———-

——-

—–

 

 

 

あの日、洋と会った日を境に、俺はまた、早起きが苦ではなくなった。

理由は簡単なもんで。

 

「おはようございます、薫さん」

「………おはようございます」

 

洋が塾の掃除を手伝うようになったからだ。

手伝うと言っても、アイツが乗る電車が来るまでの、だいたい15分くらいの間だが……それでも俺はこの朝の時間が、死ぬほど好きだ。

最初は、緊張しっぱなしで殆ど話せなかった俺だが、最近になってようやく会話らしい会話ができるようになってきた。

 

それが、あの手紙をやってた時ダブって見えて、俺は本当にこの時間を愛おしく感じる。

しかし、そんな俺だが洋と話していて一つだけ厄介な事がある。

 

「薫さん、これは燃えるごみの方に入れてもいいんですか?」

「……い、いえ、それは、外側の包装を取ってリサイクルボックスです」

 

そう、俺は未だに敬語がスゲェ下手くそ、と言う事だ。

最初、不覚にも、あの腐れ野郎の前で洋に敬語を使ったら、アイツ俺の事指差しながらスゲェ大爆笑してきやがった。あの時は本気であの野郎をぶっ殺してやろうと思ったぜ、マジで。

 

つーか、わかってんだよ。言われなくても。

敬語なんて俺のガラじゃねぇって。

けど、仕方ねぇだろ。俺は洋の中にある「手紙の人」のままで居たいんだよ。

俺は見た目はこんなだし、そんなもん今さら変えらんねぇ。

けど、喋り方くらいは、アイツの思う想像のままで居たいんだ。

洋は敬語なんかいらないっつったけどよ、ここだけは俺も譲れねぇ。

 

「俺は、これでいいんです」

 

そう、俺はこれでいいんだ。

お前の前に居る俺はこうありたいんだ。

ただ、そう俺が言った時の洋の笑顔がスゲェ可愛い過ぎてヤバかった。

あぁ、好きなんだ。

そう、自然と湧いてきた感情に俺は、あぁこれかよ。とあの日のわけわかんねぇ感情に答えを見つけ出した気がした。

 

お前の前だと死ぬほど緊張する。

体中が熱くてたまらなくなる。

好きなんだよ。俺はコイツの事が。スゲェ好きなんだ。

だから、今日、俺は伝えようと腹を決めた。

 

この俺の気持ちを。

あぁ、畜生。洋が出て行くまで後、残り3分ちょいしかねぇ。

とりあえず、俺は洋がゴミを仕分けてる間に、またあの席へ手紙置く事にするか。

 

前から3番目のあの席へ。

 

気付かれないかもしれない。けど、気付くまで毎日置いてやる。ぜってー、口じゃ言えねぇからな。

そう思って、手紙を置いて掃除の続きをやっていると、出発の時間になったのか洋が荷物をまとめ始めた。

 

「薫さん、じゃあ、俺、いってきます」

 

また、明日会いに来ます

 

そう言った洋の顔は……スゲェ真っ赤だった。それを見て、俺は思った。

手紙、見つけやがったんだって。そう思うと、俺も無条件で顔が赤くなるのを止められなかった。

 

そして、俺は洋が走って教室から出て行った後、何故か吸い寄せられるように、あの席へと向かっていた。

 

すると、そこにはやはりというかなんというか……

 

アイツからの手紙があった。

 

手紙を広げた瞬間、俺はさっき以上に顔が熱を持つのを感じると、その手紙から目が話せなかった

あぁ、クソ。

ほんと、洋の事になると俺はマジでガラじゃねぇ事ばっか考えやがる。

 

とりあえず、明日なんか待てない。

全ては今日だ。絶対に、会いに行って

………そして、抱きしめてやる。

 

ガラじゃねぇけどな。

 

 

————-

 

いつも、掃除をしてくれてありがとうございます。

 

俺は薫さんの事が

 

とても好きです。

 

————

 

 

 

おわり

タイトルとURLをコピーしました