8:俺の、彼女と言われていた女

 

ピンポーン

 

閑静な住宅街の一角で、これまた何のへんてつもない一軒家の前で俺は手元にあるチャイムを押した。

 

ピンポーン

 

表札には達筆な文字で【上白垣】と掘られている。

 

栞の家だ。

俺はその家の前で確かにチャイムを押した。

しかし、反応はない。

 

ピンポーン

 

もう一度押した。

 

ピンポーン

 

更にもう一度押した。

 

ピンポー『あぁぁぁもう!わかったわよ!?今出るからちょっと待って!』

 

呼び出しボタンのマイクから、栞の苛立ったような声が聞こえてくる。

あぁ、やっぱり居留守使っていやがったか。

俺は小さくため息をつくと、ドタドタと激しい足音を響かせる栞の家に目をやりながら、かばんの中からケータイを取り出した。

新着、ナシ。

俺は先程、栞に今から家に行くとメールした。

なのに返事もナシ。

家に行けば居留守を使う。

 

まったく、アイツは……。

 

俺は勢いよく開いた扉を前に不機嫌な顔をわざと作ってやると、勢いよく先生から手渡されたプリントを突き出した。

 

「ズル休みなんかしてんじゃねーよ。受験生の癖に」

「あんたこそ、ピンポンピンポン子供みたいにチャイム連打してんじゃないわよ。善のせいで負けちゃったじゃない。これで5回の連敗よ」

 

上下中学のジャージを着て、しかも目にはガッツリレンズの厚いメガネをかけた女を前に、俺はまた深いため息をつく。これが、休日の上白垣 栞の姿。

学校では美少女と謳われ、男子からは常に憧れの対象であり、女子からは嫉妬の眼差しを向けられる。

あの、上白垣 栞だ。

多分、いや絶対、インフルエンザと言うのも嘘だ。

髪の毛はぼさぼさで、顔色も余り良くないが、これは風邪やインフルエンザのようなウイルスで患ったものではない。

これは……

 

「お前、また徹夜でゲームしてたろ」

「そーだけど、悪い?予約してたゲームの新作がやっと出たの。学校なんか行ってる場合と違うわ」

「……お前、仮にも受験するんだろ?勉強しろよ」

「あんたって本当に、真面目。ガリ勉。先生みたい。めんどくさい。なのに、ちょいちょい天然入って考え方ズレてるから更にめんどくさい」

 

ひどい言われようだ。

ゲームでの連戦のせいだろうか。

そして、それによる睡眠不足のせいだろうか。

栞は荒んだような目で俺を睨んでくると、イライラしたように俺に文句をぶつけてきた。

栞は根っからのゲーマーだ。

ゆくゆくは廃人になりやしないかと、俺は密かに心配している。

 

「お前、ちょっと寝た方がいいぞ。スゲェ顔」

「いいわよ。1週間は休む予定だから。それまでに全クリしてみせるから」

「………うーわ」

 

どこか自信に満ちた栞の顔に、俺はうんざりすると、少しだけ肌寒くなってきた夕刻に肩を震わせた。

 

「メール見たか。これ、先生に届けるように言われたから、持ってきた。彼氏が持ってけって」

「あら。まーだ先生知らないんだ。私らの事。私、けっこう最近まで一にべったりだったつもりだったんだけどなぁ」

 

一。

そう、当たり前のように口にする栞に、俺は眉間に皺が寄るのを抑えられなかった。

そんな俺の表情を、栞はどう受け取ったのか、ニヤリとどこか魔女のような不気味な笑顔をつくると、俺からプリントを受け取った。

 

「なに、嫉妬?善もそうゆう、ヤキモチとか焼く人だったの?付き合ってる時は大して焼いてくれなかったのに」

「バカ言え……こっちはお前のせいで女子に呼び出されて怖かった」

「あっは!やっぱりそうなった?あー、絶対私か善に行くだろうなぁとは思ってたんだー!」

 

そう言ってカラカラ笑う栞に、俺はどこか気持ちが沸々とするのを抑えられなかった。

いや、栞があぁなって欲しかったわけじゃないが、こんな風に軽く言われると……どうにも、こうにも……。

一言で言えばすっげームカつく!

 

「すっげー、怖かったんだからな!俺が池田を苛めてるみたいに言われてさ!あれ、絶対お前への嫉妬を俺にぶつけてるぞ!めちゃ怖かったぞマジで!」

 

俺はあの時の状況を思い出し、また小さく肩を震わせた。

それは、寒さからくるものでは一切ない。

 

「ごめん、ごめーん。多分、私にどうこう言うのは女のプライドが許さなかったのね。あからさまに嫉妬してますってゆうの、なんだか格好悪いもん」

「そのプライドが俺に猛威をふるった。怖かった」

「あっは。見たかったそれー」

 

そう言って、また笑う栞に、俺はもう何も言わなかった。

言っても栞には(笑)程度の気分しか与えられない事は、もう十分わかったし。

俺はもう用は済んだと、栞に背を向けようとすると、栞はその前に、今までとは少しだけ違った真面目な声で俺に向かって声をかけてきた。

 

「一、どうしてる?他の女子がべったり?」

「まぁ……お前の予想通りだよ。栞が居なくなってから、これはチャンスと女子共は皆であいつに群がってる。ハイエナみたいだ」

「ねぇ、善は?」

「は?」

「だーから、善は?一と何か話したりした?」

 

突然、話しの方向が俺に向いた事に、俺は一瞬意味がわからず、無言のまま栞を見ていた。

そんな俺を、栞はどこかお見通しというような、面白いものでも見つけたような目で見つめていた。

 

「善さ、転校初日からずっと一の事気にしてたでしょ?転校生だ、凄いなーカッコイイなー、話しかけてみたいなーって小学生みたいな事思ってたでしょ?」

「……思ってない」

お見事、思ってました。

 

俺はガッツリ栞に気持ちを見透かされてしまっていたが、それを肯定するのも癪だったので、栞から目を逸らして首を振った。

その言い方が、自分でどこかガキっぽいと思ってしまって、恥ずかしい気分に拍車をかけたのは自業自得だろうか。

 

「思ってる。あんた、ずーっと一の事見てたしね。でも女子がいつも周り固めてるから話しかけられなかったのよねぇ?」

「……………栞は……栞はいいのかよ」

「何が?」

「せっかく、アイツ……池田と仲良くなってあんなにスゲェのが彼氏にできるかもしれなかった時に、こんな休んでゲームなんかしてて」

 

俺は自分の耳が徐々に熱を持つのを誤魔化す様に、話題を変えた。

何だよ、俺、そんなに栞にバレるくらいアイツの事見てたのか。

……やらかした。

恥ずかしいったらない。

 

「別に。私、一と付き合いたいとか思ってないし」

「……は?」

 

予想外の栞の言葉に、俺は思わず上ずった声を上げてしまった。

だって、そうだろう。

あの、ミーハーな栞が、アイツと付き合う事を目的とせず、ただ単純に池田にあんなに親しくする筈ない。

ましてや弁当など、あり得ない、あり得ない。

 

「…………ムカつく目ねぇ」

 

そんな俺の思考が伝わったのだろう。

栞はどこか心外そうな表情で俺を見てくると、手に持って居たプリントをクシャリと音がする位力を入れた。

プリントはもうグシャグシャだ。

 

「ばっか。だいたいねぇ、もうすぐ高校生活も終わるってのに、今さら彼氏なんか作ってどうすんのよ。そんな足枷作ったら、新しいとこ行って、もっと良い男見つけた時に、素早く次の行動に移れないでしょうが」

「………は、はぁ」

「私もあんたと同じ。転校生だし、結構カッコ良かったし、最近つまんなかったし、刺激欲しかったし、ちょーっと話しかけたいなって思ってただけ。今はゲームって刺激があるし、十分ね」

「……そっか」

 

 

タイトルとURLをコピーしました