エピローグ7:きみとぼくの再会

 

 

 

幼い頃、オレは、よく夢を見ていた。

何の夢だか、今となっては覚えていないけれど、お母さんが言うにはよく、夢の中の友達の話をしていたらしい。

 

名前は、なんて言っていただろうか。

お母さんに聞いてもよく覚えていないし、オレ自身ももう覚えていない。

あの頃は、引っ越したばかりで、周囲に友達なんてものは居なくて、ただただ毎日寂しかった。

 

真っ暗になる夜は本当に怖くて、眠るのも怖かった。

闇に引きずり込まれて、もう帰ってこれないんじゃないかって、不安で不安で仕方が無かったんだ。

 

それが、いつの頃からか、全然怖くなくなった。

夜は決して真っ暗ではない事を知った事が、始まりだったかもしれない。

 

夜は黒ではない。濃紺で、空には月は星が瞬いている。

一緒に飛び回ってくれる、頭の良い友人。

 

そして、そう。

 

手を繋いでくれる大切な友人も居た。

 

だからだろうか。

オレは夜が好きだ。今だってふと、用もないのに外へと飛び出して、夜の散歩に興じている。

 

 

あぁ、良い夜だ。

あぁ、良い星だ。

あぁ、良い月だ。

 

 

そう、オレが夜空を見上げながら散歩をしていると、遠くにオレと同じように空を見上げる一人の男の人が居た。

 

オレは、彼を遠くに見ながら、とても、とても懐かしい気分になった。

知らない人だ。

けれど、とても懐かしい。

 

ふと、目が合った。

 

時が止まったように、オレはその人の目を見つめる。

 

あぁ、懐かしい、出会いだ。

 

俺は感じるままに微笑むと、彼の元へと歩を進めた。

 

———良い、夜ですね。

 

そう、また出会う為に。

 

 

 

 

【前世のない俺の、一度きりの人生】

本編 了

 

タイトルとURLをコピーしました