(外伝90):恋人の居ぬ間に⑤~ウィズ出張中の2週間~

お喋りシリーズ

恋人の居ぬ間に⑤~ウィズ出張中の2週間~

 

 

 

——–前書き——–

こちらは【現代版】とも言える「ビロウシリーズ」です。

ウィズが仕事で2週間の出張に出てしまった、そんなアウトの2週間を追います。

この2週間、アウトはたまたま他の酒場で出会った、ウィズの双子の兄弟であるビハインド(前世:ビロウ)と共に過ごす事になるのですが、最終的にどうなるのか、私も分かりません!

———————–

 

 

【弟発見!】

——アウト、今日もビハインドの酒場のプライベートルームにて。

 

ビハインド「さすがに、この狂い方はねぇだろ」

アウト「っ!」

 

ダダッ!

 

ビハインド「んだよ。どうかしたか」

アウト「アボードの声がするっ!」

ビハインド「アボード?」

 

ちら

 

アウト「やっぱり…何でアイツこんな高い店に」

 

 

ビハインド「あぁ……騎士の上役達か。よく来るぜ。うちの得意客の一つだ」

アウト「上役…?アボードはまだそんなに出世してないと思うけど」

ビハインド「アボード?あぁ、アイツか」

アウト「知ってるのか?」

ビハインド「あぁ、いつも年寄り達に気に入られて、終わる頃にはグッタリしてるからな」

 

 

アウト「アボードも大変だなぁ。上からも下からも横からも気に入られるもんなぁ」

ビハインド「どういう関係だ?」

アウト「弟だよ」

ビハインド「はぁっ!?嘘つけ!?全然似てねぇし、マジでそうだとしても、お前が弟だろっ!?」

アウト「一体何なんだ…ウィズといい。俺は一体何歳に見えるんだよ」

 

 

ビハインド「ガキだろ。19……いや18か?」

アウト「……嘘だろ。本気か?」

ビハインド「一応、酒を呑んでるからな。成人してねぇなんて事はねぇだろうな」

アウト「俺、今年で27歳なんだけど……」

ビハインド「……はぁっ!?嘘ばっかついてんじゃねぇ!?お前が俺より年上!ありえねぇっ!」

 

 

アウト「ホントだよ。身分証みるか?」

ビハインド「……う、わ。マジだ」

アウト「なぁ。俺って、そんなに若く見えるか?」

ビハインド「勘違いするなよ。その”若く見える”は決して良い意味じゃねぇ。年相応に見えねぇって言う、圧倒的に悪い意味だからな!?その辺、間違うんじゃねぇぞ!?」

 

 

アウト「やっぱりビハインドは分かりやすくて親切だなぁ」

ビハインド「オイ。そうやって何でも他人の言葉を好意的に受け止めてんじゃねぇよ。青臭いガキじゃねぇんだから」

アウト「そうか?自分がどう思われるかを顧みず踏み込んだ事言ってくれる人間は、親切じゃないか?」

ビハインド「…はぁっ」

 

 

——-一言——

はいじ「人は見方次第でどうとでも変わるのであった。アウトは基本属性、他人を肯定的にしか見ない」

 

 

 

【みすぼらしいって校則違反なの!?】

——–今日は別の酒場のプライベートルーム

 

アウト「今日はビハインドに驚くべきものを見せます!」

ビハインド「へぇ(この手のハードルを自分で上げてくるやつ、だいたい自滅すんだよな)」

アウト「……でも、それよりまず俺がびっくりした」

ビハインド「あ?」

 

 

アウト「今日はいつもの店より豪華過ぎて、この格好で来た事を後悔した」

ビハインド「うちで一番高けぇ店だかんな。普通なら、テメェのそのみすぼらしい格好じゃ、入れねぇよ」

アウト「確かに……みんなドレスとか、凄く高そうなスーツだった。俺の服は3着で1銅貨」

 

 

ビハインド「おいっ!?マジで安すぎだろ!?やめろよ!着るモンくらい、少し見栄えを考えろ!仮にもアイツの恋人なんだろうが!金だけは持ってんだから、買ってもらえよ!」

アウト「たぶん、俺って何着てもあんまり変わらないし。あんま興味ないし」

ビハインド「……ありえねー。着るモン一つで変わるっつーの!後で、裏に来い!服見繕ってやる!」

 

 

アウト「えー。ビハインドの選ぶ服って高そうだし。着るとこないし、いらねー」

ビハインド「勘違いすんな!あんまみすぼらしい格好されっと、店の品位が下がるんだよ!此処に居る間だけ身に着けてもらう!」

アウト「えー。面倒だなー」

ビハインド「学窓の制服だと思え!お前は此処じゃ校則違反だ!」

 

 

アウト「そ、そんな校則違反がっ」

ビハインド「そうだ。場所によっちゃ、安すぎるとか、品がねぇって事自体が相手に失礼になる事があると心得ろ」

アウト「はっ、はい!」

 

 

——-一言——–

はいじ「思わずペット時代のインのようになるアウト」

 

 

 

【3巻が出ましたー!】

ビハインド「で?まずはなんだ?俺を驚かせてくれんだろ。早く言え」

アウト「あぁ!そうそう!」

 

アウト「じゃーん!」

ビハインド「お。それは」

アウト「びろうかけるいんの話がな!こないだの催事で売り出したら、予想よりいっぱい売れたから、友達が3巻を描いてくれた!もちろん!俺は今回も手伝ったし、今回もびろうの担当!」

 

 

ビハインド「さすが俺。作り話になっても売れるんだな」

アウト「だなー!凄いなー!おぶかけるいんよりは売れてないけど」

ビハインド「っち」

アウト「でも。びろうかけるいんにはコアな愛好者がいっぱいいるって、友達は言ってたぞ!」

ビハインド「どういうフォローだ」

 

 

ビハインド「まぁ、いい。それ寄越せ。お前が着替えてる間、読んでてやるよ」

アウト「あのな、あのな!」

ビハインド「テメェが上手く描けた所は、後で聞いてやる。早く行って来い。もう、従業員は待機させてる」

アウト「いつの間に!?」

 

 

ビハインド「俺くらいになると、先の先を読んで行動するんだよ」

アウト「じゃあ、3巻の話ももう分かってるのか!?すごいな!」

ビハインド「……さすがにソレは分かんねーよ。おら。さっさと行け!」

アウト「あとで!あとで話聞いてな!」

ビハインド「あいあい」

 

 

——-読書中——-

 

ビハインド「……作り話の癖に、ところどころ史実に基づくコレは一体なんだ。アンダーと言い。ペイスと言い。なんで、死んだアイツがその名前を……ウィズか?いや、アイツがわざわざ俺の息子の名前を言う訳ないだろう……それに自分と他人の女との間に生まれたガキの話なんか、する訳ねぇし。なんなんだ、これは」

 

———————-

 

 

【アウト、高い服を着る!】

アウト「すっげー!動きやすいなー!これ!」

ビハインド「お、来たか。似合ってんじゃねぇか」

アウト「そうか?高い服だから、絶対動きにくいかと思ったんだけど、予想と全然違った!それに、高いから俺に似合わないと思ったけど、俺、ちょっと格好良く見える!」

 

 

ビハインド「……根本からその誤った認識を正せ。高いから似合う似合わない、なんて事はねぇよ。むしろ、金を他よりかけられて作られてるからこそ、服の方がこっち側に合わせてくれるんだ。だからこそ、高い服を着れば見目が抜群に良くなりやすい。高いから似合わないんじゃない。自分の体に合ってねぇ、センスのねぇもんが似合わねぇんだ。まぁ、一概に高けりゃいいってもんじゃねぇけどな」

アウト「はーーーー」

 

ビハインド「体に合った服は、言わば鎧だ。それだけで、相手に下に見られずに済む。お前は今日ここで、どの客にも見劣りする事はしねぇ。堂々としてろよ」

 

 

アウト「はあああああーー!かっこいい!」

ビハインド「だろ。ほら、メモしろ」

アウト「うん!」

ビハインド「(冗談抜きでメモし始めるところが、また)」

 

アウト「♪(にこにこ)」

ビハインド「っし、今日はテメェに特別に魚を出してやろう」

アウト「ん?魚?いや、俺、あんまり金ないから、食べ物はいらん」

ビハインド「食う魚じゃねぇから安心しろ。お前が食われる」

 

アウト「俺が……食われる?」

 

ビハインド「きっとビックリするぜ。お前は」

アウト「おおおっ!なんだろうな!俺が食われる魚……なんだろう」

ビハインド「っくく。そこで、この本の話も聞いてやるよ!来い!」

アウト「おー!」

 

 

——–別のプライベートルームにて。

 

アウト「っふ、あははははっ!うあっ!くすぐったー!あははははっ!さかなが、おれのあし、たべてるー!あはははっ!」

ビハインド「おい、もう少し大人しくしろ!ガキみてぇに騒ぐな!良いモン着せても、お前のその態度が、クソ過ぎる!」

アウト「ひー!こそこそするー!足の裏がこそこそするー!あはははっ!」

 

 

ビハインド「オイっ!服に謝りやがれっ!」

アウト「あははははっ!きもちいー!楽しいなー!」

ビハインド「……っは、ったく」

 

——-一言——

 

はいじ「アウト、ビハインドにドクターフィッシュの経験をさせてもらう。ウィズとは違い、どんどん色々なところに連れていってもらってます。ビハインドも、アウトの反応が面白いので、色々連れまわすのでした。双子なのに正反対」

 

タイトルとURLをコピーしました