20:子供を作ろう編

 

インの子供が見たいんだ!

 

 

スルー『そういえば、イン。お前は子供は作らないのか?』

イン『んー俺はビロウのだからなぁ』

スルー『もったいない。イン、お前の子供ならきっと俺に似て可愛かろうに』

イン『相手も居ないしなぁ』

スルー『ならば、ビローに頼んでみよう!アンダーを見てたら俺はまた赤ちゃんを育てたくなった!』

 

—–夜の酒場

 

スルー『ビロー!帰ってきたな!おかえり!』

イン『おかえりー。ビロウ』

 

ビロウ『良い光景だ…』

オブ『ただいま、イン』

ビロウ『おい。何がただいまだ。あ?』

ザン『帰ったぞ』

ビロウ『何だこの親子』

 

スルー『ビロー!一つ頼みがある!』

ザン『何故、俺に頼まない。スルー』

 

 

ビロウ『男の嫉妬は醜いですよ。叔父さん。貴族ならもう少し心を広く構えなければ』

ザン『ほう』

ビロウ『俺はこの親子と違って懐が広い。何でも聞いてやる』

スルー『おお!さすがビロー!良かった!なら』

 

—インの赤ちゃんがみたいから、インが子供を作れるようにしてくれ!

 

ビロウ『ぶはっ!』

 

 

—-インに子供を作らせてやってくれ!

 

ビロウ『ま、待て待て待て!』

ザン『ほら、どうした。お前は懐の広い貴族なのだろう。叶えてやれ』

オブ『(父さん、ここぞとばかりに…)』

 

スルー『アンダーみたいな孫が欲しい!』

イン『赤ちゃん可愛いよねー』

 

ビロウ『インッ!?待て待て!待て!』

 

 

ビロウ『わかった、わかった!俺が赤ん坊を連れて来てやろう!それでいいだろ!?』

 

スルー『連れてくる?』

イン『どこから?』

 

ビロウ『っく(貧民街から買ってくるなんて言えねぇし)』

 

スルー『イン。もう俺は流れ星には祈らないからな』

イン『わかってるよ!?もう!いつの話をしてるの!?』

 

 

ビロウ『あ?流れ星?』

スルー『そうだ!その昔、インはオブに騙されて赤ん坊は流れ星が連れてくるって信じてたんだ』

ビロウ『…オブ。なんつー気色わりぃ事を』

オブ『違う!』

スルー『イン、もう分かってるとは思うが赤ん坊はちゃんと情交しないと出来ないからな!やり方は分かってるのか?』

 

 

イン『わ、分かってるよ!?俺を何歳だと思ってるの!?オブに教えてもらったから14の時から知ってる!』

ビロウ『っ!』

オブ『…ふぅー』

スルー『まぁ、分からない時は父親の俺が居るからな。して見せてやるから俺に聞くといい』

ザン『お、おい!?』

イン『ちゃんと出来るよ!子供扱いするな!』

 

スルー『本当かぁ?』

イン『出来るったら!ビロウやオブが俺にしてたようにすればいいんでしょう!?』

 

ビロウ・オブ『…』

ザン『(ムキになり過ぎて凄い事を言い出したな)』

 

スルー『違うぞ』

イン『えっ?』

スルー『そんな事だろうと思った。雄と雌は体の作りが違うんだ』

イン(ぱちぱち)

 

 

(スルーの3分性教育後)

 

イン『ぐぅ。お尻じゃないなんて聞いてない』

スルー『お前は男同士しか経験がないせいで妙に危なっかしいな』

イン『俺、無理かも。そんな分かりにくい場所見つけられないよ』

 

ビロウ・オブ(…)

 

スルー『うーん…俺が、また作る、か?』

 

ビロウ・オブ・ザン『!?』

 

 

ビロウ『そ、そうだ!まだアンタも若い!子供ならまだ作れるだろ!?出来たら俺が完全に後ろ盾になって養ってやる!(養子にする!)』

ザン『おいっ!お前何を考えている!?』

ビロウ『叔父さんは黙ってて貰えませんかね!』

ザン『スルー!お前、まさか本気じゃないだろうな!?』

スルー『んー…』

 

 

スルー回想(30代後半)

 

 

スルー『ニアもお嫁に行ったな』

ヴィア『そうねぇ』

スルー『インはどっかに消えたし』

ヴィア『どこいったのかしらねぇ』

スルー『ヴィア。今ならもう一人育てら』

ヴィア『今度はスルーが産んで?』

スルー『いや、俺じゃ産め』

ヴィア『スルーが産んで?』

スルー『ぐぅ』

 

 

スルー『やっぱり、俺が…』

ザン『スルー!一体、何を考えているっ』

スルー『ザン。お前は頭が良いだろ?』

ザン『は?急に何を』

スルー『俺が雌みたいに子供を産む方法はないのか?』

ザン『はぁっ!?』

スルー『ヴィアに次は俺が産むように言われている』

 

オブ(それは暗に断られるてるんじゃ)

 

 

ザン『そんなの無理に決まって…』

スルー『俺はヴィア以外に俺の子を産んで貰うのは嫌だけど、俺が産めるならザンとの子供が作れるじゃないか!俺はもし子供が産めるならザン以外の子は産みたくないからな!』

ザン『…』

 

ビロウ『さすがインの父親だな。無自覚で物凄い事を言い出した』

オブ『…』

 

 

スルー『俺は今だったもう一人だけなら、立派に大人になるまで育てられると思うんだ!大丈夫さ!村に連れて帰るから、ザンには迷惑はかけない!』

ザン『…なっ』

 

ビロウ『まいったな。んな事を考える可能性があるのか…俺も気を付けねぇと。万が一子供が出来てインが消えたら困るからな』

オブ『…』

 

ザン『スルー。一つずつ話さねばならない事が山ほどあるが…ひとまず、今晩は屋敷に来るといい』

スルー『子供の名前を決めないといけないからな!』

ザン『あぁ』

 

ビロウ『ありゃ、完全に目がイってんな。叔父さんもまだ若ぇってこった。なぁ、オブ』

オブ『…黙れ』

ビロウ(本気で頭抱えてやがる)

 

 

ビロウ『この年で兄弟とは複雑だなァ、オブ?』

オブ『黙れビロウ』

イン『新しい兄弟なんて楽しみだなー!』

オブ『…いやいや』

イン『それにあの二人の子供なら、俺とオブの兄弟って事だよね?』

オブ『っ!それは、ほぼ俺とインの子なのでは?』

ビロウ『男同士でガキが出来る訳ねぇだろ!カス!』

外伝:ビロウ×イン(まとめ)
米騒動
タイトルとURLをコピーしました