41:サトシとシバと時々テザー

 

 

「……あぁ、もう。俺」

 

 あのネックレスを貰ってから、俺はずっとイーサに何と言ってきただろう。一度だって「ありがとう」の一言を伝えただろうか。

 

 いや、言ってない。

——-返す!こんなの、貰う理由がない!

 

 テザー先輩の言葉ばかりを気にして。ありもしない世間の目を気にして。俺は、イーサの厚意をずっと脇に捨ててきたのだ。

イーサが俺に対してのみ向けてくる、その真っ直ぐな子供のような“想い”を、俺は受け止めきれずに“重さ”として脇に捨て置いてきた。

 

——–イーサ!

 ドンドンドンドン!バタバタバタ!

 

 イーサの部屋から、ずっと聞こえてきていたイーサの“イヤイヤ”というノックの音。

 そりゃあそうだ。そんなの嫌に決まってる。ずっと部屋の中に居るイーサにとって、“アレ”は、考えて考えて考えて、やっと思いついた、「戸を叩く」以外の、俺とのコミュニケーション手段だったに違いない。

 

 一度のノックでも、二度のノックでも伝えられない。そんな気持ちがあったから、イーサは扉から手を出した。

 

——-ご、ごほうび?

 

 そう。俺が尋ねた時のイーサの手を思い出せ。

 あんなに得意気で嬉しそうなイーサは、俺に拒否されるなんて微塵も考えちゃいなかったに違いない。きっと俺が喜んでくれると思っただろう。困っている俺を、助けたいと思ったのだろう。

 

 それなのに。

 

——-おい!イーサ!癇癪ばっかり起こすな!ちゃんと俺の話を聞け!

 

 なんて事はない。「いやだ!こんな重いモノ、受け取りたくない!」そう言って癇癪を起していたのは、俺の方じゃないか。俺こそが、イーサの話を全然聞いていなかった。

 俺は自身の半端さから、イーサのソレを受け入れる事が出来なかった。拒否した。イーサを惨めな気持ちにさせた。

 

「何が“重い”だ。俺の方こそ、既に十分重い癖に。そう、仲本聡志は……ハッキリと自覚した」

 

 イーサに対する、俺の、仲本聡志の想いを。

 

「ポチ、急に黙り込みやがって。どうかしたか」

「……いえ、シバさん。ほんとに、目が覚めました。ありがとうございます」

「お、おぉ」

 

 突然、深く頭を下げてきた俺に、シバの戸惑ったような声が降り注いできた。あぁ、今日、街に下りて良かった。気付けなかったら、きっと大事な事を伝えられないまま、訓練に行く事になっていただろう。

 

 あぁ、ほんとに。

 

「シバさんに会えて良かったです。人間のこと嫌いなのに、俺の事を雇ってくださってありがとうございました」

「な、なんだよ。急に」

 

 精悍だった筈の声が、似合わない程オタついている。頭を下げたままなので分からないが、声で分かる。この人……いや、このエルフ。完全に照れている。

 こういう性格のヤツ、乙女ゲームの攻略キャラに居そうじゃないか。ていうか、居た。シリーズ通して、絶対に一人は居た。

 

「……別に俺が雇ったんじゃねぇし。親父が勝手に」

「不器用キャラか」

「あ?なんだって」

「いえ、なんでも」

 

 この不器用さじゃ、確かに女遊びには向かないかもしれない。俺如きの言葉に照れてちゃ、夢のまた夢だ。

 俺は、顔に張り付いた笑いを消せぬまま、ゆっくりと頭を上げた。すると、そこには、やはりというか何というか。

 

「……もういい、俺は仕事に戻る」

 

 俺から顔をそらしてはいるものの、尖った耳は例に漏れず赤く色づいていた。

シバって本当に良いヤツだなぁ。俺はさぁ、こういう奴と、

 

「じゃあ最後に。俺の名前、本当は聡志って言います」

 

 友達になりたいわ。

 そう思った時には、俺は自分の名前を名乗っていた。名前は、出来るだけ呼んで貰った方がいい。そうした方が自分の気持ちがブレずにすむし、あとは……そう。単純に嬉しい。

 

 どれもこれも、さっき知った事だ。

 

「……サトシ」

「そうです」

「ポチも変だと思ったが……どっちも変だな」

「エルフの感覚だと、そうみたいですね」

 

 やっぱり“ポチ”も変だとは思っていたのか。いや、さすがにそうか。そう、俺が苦笑していると、シバは少しだけ考えるように眉をヒクリと動かした。そして、静かに言った。

 

「俺はシバだ」

「知ってますよ。ずっとそう呼んでたじゃないですか」

 

 今更何を言いだすかと思えば。思わず浮かべていた苦笑が、純粋な笑みに変わる。何だ、この会話。しかし、続くシバの言葉に、俺はやっと合点がいった。

 

「シバでいい」

「あ」

 

 呼び捨てでいいってことか。

 

「……シバ」

「おう」

「親父はドージ」

「……ドージ」

「さすがに親父は“さん”付けとけ。そういうの厳しいから」

「あ、うん。はい」

 

 俺が呆けた顔で頷いていると、シバは両腕に抱えていた荷物を、器用に片手だけに持ち直す。そして、

 

「じゃ。何かあったら、また店に来いよ。サトシ」

 

 その大きな手が、俺の頭の上に乗せられた。感覚で分かる。本当に大きな手だった。

 

「うん。いく。ありがとう……シバ」

「おう」

 

 シバの手がスルリと離れて行く。そして、シバは荷物を両腕で抱えなおすと、それまで黙って俺の後ろで顔を背けていたテザー先輩へと視線を向けた。

 

「テメェも、あんま飲み過ぎんなよ。あと、女遊びも程ほどにしとけ」

「っ!」

 

 テザー先輩の喉の奥から引きつったような呼吸音が聞こえる。

 あーあ。俺があの店で働いてた事、バレちまった。

 

 俺は、シバの背中を見送りながら、隣でワナワナと震えるテザー先輩の背中を、溜息と共に見ないフリをした。

 

 

第1章:俺の声は何!?
米騒動
タイトルとURLをコピーしました