56:三つ目のごほうび

 

 

「……」

 

 俺の言葉に、弾かれたように顔を上げたイーサが、じょじょに俯いていく。その姿に、俺は思わず自身の口に手をやった。

 しまった、余計な事を言ってしまった。

 

「……ごめん。俺、意地悪な事を言ったな。今の忘れてくれ」

「……」

「ごめん。そんな顔をさせたかったんじゃないんだ……ほんとに、ごめん」

 

 俯くイーサに俺は、自分を殴りたい気分になった。

 目の前に、イーサの美しい髪の毛がサラリと流れた。あぁ、綺麗だ。

 

 そう、思わずそのキラキラと光る髪の毛に手を伸ばした。物凄く指通りの良い髪の毛だ。触っていて気持ちが良い。最早、撫でるというより手触りを楽しんでしまっている。

 

「聞いたぞ。イーサ。お前、第一王子だからって、昔はよく怖い目に合ってたんだろ?」

 

 尋ねるというより、確認の想いを込めて問いかける。

 イーサが部屋に閉じこもり、声も上げなくなった理由。

それを、俺はテザー先輩から、先程の買い物の最中に聞いた。今更ながら。本当に、今更だ。

 

『イーサ王子が引きこもっている理由?あぁ、暗殺者に誘拐されたのさ。声を上げるなと脅され、連れ去られた挙句、数日間監禁されたらしい。まぁ、別に王族の暗殺計画など、珍しい事でもあるまい。公務を百年も放棄して良い理由にはならん』

 

 ひどく簡単に、でもそれが全てだと言った理由を。

 

 

「嫌だよな。たまたま王様の子供に生まれたってだけで、暗殺者が来るのが当たり前の毎日なんてさ。どんな罰ゲームだよ。つーか、王族だったら暗殺者に命を狙われるのが当たり前?だから耐えろって?バカバカしいっ」

「……」

「守ってくれる筈の部屋守は、イーサを置いて逃げたらしいじゃん」

「……」

「普通にトラウマもんだよ。そりゃあ部屋に引きこもりたくもなるさ。それで平気な顔してるヤツが居たら、むしろ俺はソイツが怖いわ。俺だったらもっと早くに引きこもるね」

 

 第一王子だったイーサは、何度も何度も殺されかけた。

 連れ去られそうになった。

 

 見ず知らずの相手から、王子というその“生まれ”だけで、知らぬ間に恨まれる。権力とは時として、赤子をも平気で殺すのだそうだ。その中を、懸命に王子として生き残ってきたところに、守ってくれる筈の相手すら、自分を捨てて逃げた。

 

 そんなモン、もう何の為に自分が頑張っているのか、見失うのも当然だ。

 

「だから、イーサ。無理に外に出る必要はない。何も変わらない、自分の好きなモノに囲まれた変化のない世界を望むのは、子供でも、大人でも、王様でも、人間でも……皆一緒だ。それを悪いというなら、この世界は悪者だらけだぞ」

 

 その悪者の中には、もちろん俺も居る。

 

 なにせ、声優になりたいという、俺自身の望みを追いかけてきた俺ですら、変化の波に立ち尽くし全てを投げ出したのだ。

 そんな俺が、よくもまぁイーサに対し「王様になれば?」なんて簡単に口に出来たモノだ。甚だおかしい。何も変わろうとしなかったお前が言うなって話だ。

 

 

【オレ、こないだ受けたイーサ役受かったみたいなんだ!】

 

 

 金弥からのメッセージが頭を過る。

 こっちに来て、俺はよく思うのだ。

 

「仲本聡志は声優になりたかった訳ではなく……。本当は、山吹金弥と一緒に声優を目指すという、変化のない生ぬるい毎日を、手放したくなかっただけなんじゃないか、と」

 

 そして、それはきっと間違いではない。

 

——サトシ。一緒に住も。ずっと、一緒に居ようよ。

——うん。

 

 もし、“あの時”頷いていたら、何かが変わったのだろうか。けれど、俺は頷かなかった。俺はどの変化にも、飛び込めなかったのだ。

 そんな俺に、最後に金弥から突きつけられたのが、あのメッセージだ。俺の大好きな日常と、二人の関係の“終わり”を告げる言葉。

 

「大丈夫だ。イーサ。変わらなきゃいけない時は、目の前に選択肢なんて現れない。否応なしだ。そうなれば、迷う必要もない。だから、それまではいいよ。変わらなくていい」

「……どうして」

「ん?」

「サトシは……死ぬのが、怖く、ないのか」

 

 イーサからの問いに、俺は少しだけ考えた。

 多分、普通だったら怖い。そう間髪入れずに答える。けれど、この世界の“サトシ・ナカモト”に関しては少し特殊なのだ。

 

 この世界での“サトシ・ナカモト”の死に、“仲本聡志”は興味がある。

 

「わからん」

 

 とっさに嘘をついた。否、あながち嘘ではない。死への抗いようもない恐怖と、死へのとてつもない興味が俺の中でせめぎ合っている。どちらが強いのかは、今の俺では分かりかねるのだ。

 

「……サトシ。お前は先程、変わらなければならない時は、目の前に選択肢なんて現れないって言ったな」

「あぁ、言った。だからそれまでは、イーサはここに居たら……」

「たった今、俺に選択肢が無くなった」

「へ?」

 

 それまで俯いていたイーサが、ゆっくりと顔を上げた。ハッキリと、目が合う。キラリと輝く金色の瞳に、より強い光が宿った気がした。

 

「サトシ。お前はどこかで、自分は死んでも構わないと思っているな」

「……いや、別に死にたい訳じゃねぇよ」

「ああ。死にたい訳じゃないと思う。でも、サトシに命の危機が訪れた時、サトシは『まぁ、いいや』と、命にしがみつかないだろ」

「……」

 

 驚いた。まさか、イーサに言い当てられるとは。

 

「そんなの、せっかく、ネックレスを与える相手が出来たのに、当の本人がそれでは……あんまりだ」

「イーサ?何を……」

「生き物としての本能である、命への執着がサトシにはない。俺は、それが怖い。あぁ、うん。そうだ。いま、一番怖くなった。自分が死ぬより何より。こんな風に思うなんて、驚いた。何故か、理由は分からないが……一つだけ、分かった」

「え?」

「俺にも選択肢がなくなった……そろそろかとは思っていたから、ちょうど良かった」

 

 色々と付いていけない。イーサが何を言っているのかサッパリ分からない。

自分が死ぬより?選択肢がなくなった?そろそろかと思っていた?なんだ。一体、イーサは何を言っている。

 

「サトシ。もう一つ、ご褒美を寄越せ」

「え」

「二つでは足りぬ。あと、一つ要る」

「な、何だよ……もう、俺には、何も」

 

 声が震える。

 “今”のイーサはどちらだ?

 幼く、癇癪玉を腹に溜め込む、精神年齢五歳児のイーサか。それとも、一国の王としての風格を纏うイーサ王か。

 俺は目の前で静かに目を細め、此方を見つめるイーサに、ただただ混乱した。

 

「生きろ」

「っ!」

 

 イーサの必死な声が俺の耳を撫でる。やっぱり、どこか懐かしさを感じる。ピタリと俺にくっついて離れない。俺の思い出の随所に、この声があった気がする。

 

「そして、コレを、ネックレスを……絶対に外すな」

 

 そう言って、膝の上のあもごしに、イーサは俺の首元からネックレスを掴んだ。これまでのどの瞬間よりも、イーサを近く感じる。酷く濃い、お日様のにおいがした。

 

「ぁ」

 

 イーサの唇がクリプラントの国章へと落とされた。それと同時に、イーサの長い長い髪の毛が、俺の体と、膝の上のあもを周囲から覆い隠すように流れ落ちてくる。

 

「イーサ?」

「これでいい」

 

 まるで、神聖な儀式を間近に見たような気分だ。イーサは満足気に、俺のネックレスを眺めるとスルリと俺から離れて行った。

 

「あとは、サトシが命を諦めなければ……大丈夫だ」

「何を、したんだ?」

「マナを込めた。サトシが何モノにも冒されぬようにと」

「え?え?マナ?お、お守りって、ことか」

「うん」

 

 イーサの言葉に、俺はソッとネックレスに触れてみた。特に、何か変わった様子は見受けられない。

 ただ先程まで、イーサの唇がここに触れていたと考えると、何か変な感じだ。何者にも冒されないように。“健康成就”みたいなモノだろうか。

 

 ネックレスを眺めながら、俺がそんな事を考えていると、頭上から一気に幼さを帯びたイーサの声が降ってきた。

 

「だから、絶対に外したらダメだ。外したらゆるさない。外したらサトシなんか嫌いになる」

 

 出た。五歳児イーサの十八番。「嫌いになるぞ」。まったく、俺は一体何回イーサの口らか嫌いという言葉を聞かされれば気が済むんだ。

 

「……サトシ、俺から嫌われてもいいのか?」

 

 俺の返事がないせいだろう。じょじょに、イーサの勢いが弱まっていく。

 俺はヘタリと眉を落としたイーサに微笑むと、イーサの頭をグシャグシャと撫でた。その瞬間、イーサの目がパチリと見開かれる。

 

「……分かったよ。イーサには嫌われたくないからな」

「そうだろう。そうだろう!」

「死なないように頑張るよ」

 

 俺に頭を撫でられて頷くイーサの、なんと歪なことか。けれど、その歪さこそ、イーサの魅力であるようにも思えた。

 

——-サトシ。オレの事、嫌いにならないでよ。

「……うん」

 

 俺は耳の奥にフワリと現れた幼馴染の声に小さく頷くと、一度静かに目を閉じた。

こちらで死んで、元の世界に戻れるのかどうかは分からない。分からないが、ひとまず心の中で謝る事にした。

 

——-キン。俺がお前の事を嫌いになる筈がないだろ。けど、ごめん。しばらく会えそうにないや。

 

「さぁ、イーサ。まだまだ時間はたっぷりある。これから何を話そうか?あもを主人公に、お話を作ってもいい。何でも好きな話をしてやるよ」

「ほんとうか!じゃあ、あもをしゃべらせろ」

「お安い御用です、王子様」

 

 俺はイーサの髪の中で、イーサの両頬を手で挟み込むと、そりゃあもう“あも”が主人公のとっておきのお話を頭の中で考えながら笑った。

 

 

第1章:俺の声は何!?
米騒動
タイトルとURLをコピーしました