前書き&お喋り

ご注意

 

 こちらは【風を切って歩け】2022年ハロウィン記念小説です。

 去年2021年のハロウィン記念小説とは別物としてお読みください!

 

 舞台としては二人が出会った年の体育祭後。

 二人がラブホでヤっちらかしているお話です。

 

 宮古(18)×庄司(30歳)

 

 今回は、去年のモノとは違いある程度R18具合が増していると思われます。

 

 あと、このお話は前段に以下のTwitterお喋りが前提になっておりますので、そちらも掲載しておきますね。

(まぁ、読まなくても内容的には分かると思います!)

 

 では、本編は次のページから。

 以下は、Twitterお喋りですー!

 

 

 


 

食べたいモノ

 

 

ウォォオ!!

 

庄司「不良高校の体育祭怖ぇぇ。宮古はどこだ…?」きょろ

伊中「あ、橘庄司。アンタも来てたんだ」

庄司「おおっ!良かった!伊中!」

伊中「なに高校生にビビってんの?」

庄司「ビビるわ!」

 

伊中「まぁ、オヤジ狩りとかされそうだもんね」

庄司「待って…?俺、オヤジなの?」

伊中「さぁ?ま、高校生からしたら三十路がどう見えるか想像してみなよ?(ま、橘庄司は全然30に見えないけどさ)」

庄司「…つれぇ」

 

不良「あ!しょーじだ!」

不良「一位取ったら何かオゴって!」

不良「ずりー!俺も!」

 

庄司「あー、いいよいいよ。何でもオゴってやる。それより、宮古は?」

不良「どっかで寝てんじゃね?」

不良「宮古だもんな」

不良「宮古が体育祭とか想像つかねー!」

 

庄司「じゃ、俺宮古探してくるわ」

不良「しょーじ!俺が勝つトコ見てろよ!」

不良「オレもー!」

不良「オレもオレも!!」

庄司「ハイハイ、すぐ戻るから」

 

伊中「親父っていうか、お父さんじゃん」

ウロウロ

 

庄司「宮古ー、どこだー」

 

宮古(庄司?)がば

 

〜♪

 

庄司「お、懐かしい曲かけんじゃねぇか。先生の趣味かぁ?…フンフフーン」(ちょっと踊る)

 

宮古「(可愛すぎる…あー、クソ。成人するまでシねぇとか普通に無理過ぎだろ)庄司」ヌッ

庄司「っ宮古!?えっ、いつからそこ居た!?」

宮古「さぁな」

庄司「…えっと。宮古、お前は何か競技には出ねぇの?」目逸らし

 

宮古「(ヤりてぇ)知らね」

庄司「おいおい、俺は宮古を見に来たってのにさー」

宮古(そんな事よりヤりてぇ)

庄司「ひとまず、他のヤツらが競技するの見ててやるって約束したから、グラウンド戻ろうぜ」

 

宮古「あ?」

庄司「一位取ったらメシ奢ってやるって約束しちゃったんだよ」

宮古「んな約束してんじゃねぇよ。甘やかすな」

庄司「ふふ。まぁ、アイツら美味そうに食うから、俺も楽しいんだよ」

 

宮古(マジでかわいい)

庄司「まぁ、宮古の食いっぷりが一番見てて好きだけどな」

宮古(お前を食うぞ)

庄司「あ」

宮古「ん?」

 

庄司「宮古、お前も競技で一位取ったら、何でも食わしてやるよ。だから、こんな所居ないで、競技に出ようぜ?(絶対、格好良いよな)」

宮古「!!言ったな!?」(カッ)

庄司「(お、急にやる気に…!そんなに食いたいモンがあんのか)おう!言った!どんなモノでも食わせてやるよ!」

 

宮古「男に二言はねぇな?」

庄司「ぐ。ね、ねぇよ(これは…クソ高いモンだな)」

宮古「っし。行くぞ。何に出るか知らねぇけど、全部一位取ってやる(そして、庄司を食う)」

庄司「おーっ!いいねぇ。俺、そういうの好きだぜ!楽しくなってきた!(金下ろしとこ)」

宮古「俺もだ」(えがお!)

 

不良「すげーーー!こんなやる気ある宮古初めて見たーー!!」

不良「すげぇ、目がギラついてんぜ!」

不良「喧嘩ん時より、ヤベェ顔してら!」

 

庄司「(そんなに食いたいモンがあったのか。にしても)…宮古、カッケー!!」

伊中「橘庄司…宮古に何言ったの?あれ、絶対ヤバいよ」

庄司「?」

十代の食欲ってすげぇなぁと思っている庄司だが、完全に十代の性欲って凄いなぁの間違い。

 

宮古「全部、一位取ったぞ」

庄司「おう!すっげー格好良かったぞ!」

宮古「約束、忘れんなよな」

庄司「もちろん!」

 

伊中「…こわ」

 

2022年のハロウィン記念である、庄司×宮古のご褒美R18小説の元となったお喋りです。

ここから後日、二人はラブホへと向かう事になるのでしたー!

 

 

タイトルとURLをコピーしました