7:おまけのゴウキ~あられもないのに~

 

 

 田中ゴウキ。十四歳。中二。

 俺はゲイだ。つまり、男が好きだ。

 

 

「ねぇ、ゴウキ。私と付き合ってよ」

 

 そう言って、塾の中にある自動販売機の隅で、俺にデカイ胸を押し付けてく一人の女子。同じ中学ではない。塾でしか絡まないヤツ。

 

「ねぇってばぁ」

 

 中二にしてはデカイ胸。世間一般で言えば、充分可愛いとされる顔。コイツも、自分でもそれを分かっているんだろう。

 

 俺へのアプローチは、いつも驚く程積極的だ。

 このタイミングで、もう一度言おう。

 

 俺は男が好きだ。

 

「あー、今。勉強に集中したいし。付き合うとかって考えらんねぇわ」

「えぇっ!ゴウキ真面目過ぎ!ねぇ、いいじゃん。勉強ばっかじゃ息詰まっちゃうし。ちょっとくらい。……ねぇ?」

 

 ねぇ、と更に胸を押し付けられる。「ちょっとくらい」俺は何をしたらいいんだろうか。いや、分かるさ。俺も男だ。

 しかし、悲しいかな。全く体が反応しない。つーか、まず心も反応しない。無理。

 そりゃあそうだ。何度も言う。俺はゲイだ。男が好きだ。

 

 そんな訳で、全然悲しくはなかった。

 

「ゴウキぃ」

「んー?」

「はぐらかさないでよぉ」

 

 面倒くせぇ。

 こんな調子で、俺は顔がそこそこ良いせいで、やたらと女にモテる。これは嫌味でもなく、誰かへのマウントでもなく、圧倒的事実だ。

 純粋に困っている。俺は、別に女にモテたいなんて、生まれてこのかた思った事がないのだから。

 

「ねぇ、ゴウキってばぁ」

「んあ?」

 

 俺が、どうしたモンかとべったりとくっついて来る女子に、次の手を考えていた時だった。

 

 キーンコーンカーンコーン。

 

 タイミングよく、次のコマを知らせるチャイムが鳴り響いた。あぁ、助かった。

 

「授業始まるから、行こうぜ」

「もー!ゴウキはいっつもそう!ねぇ、学校に彼女とかは居ないんでしょ?」

「彼女は、いない」

「ならいいじゃーん」

 

 よくない。

 俺は彼女が居ないと言っただけで、恋人が居ないとは言っていない。俺には可愛い可愛い恋人が居る。

 

——-ゴウキー!塾終わるまで、あそこのコンビニで待ってるー!

 

「っはぁ」

 

 あられ。可愛い可愛い俺のあられ。早く、早くあられに会いたい。

 

「……あ、やべ」

「え?ゴウキ?」

「……先生に、俺、便所で遅れるっつっといて」

「えっ!?今から!?」

 

 後ろから投げかけられる声を無視して、俺は足早にトイレへと駆けこんだ。思春期の緊急事態発生。

 

「っはぁっ、あられ。かわいい。かわいいっ」

 

 どんなにデカイ胸を押し付けられても勃たなかった俺のちんこが、あられを思い出しただけで完全に勃っていた。

 外からもハッキリ分かる程に張り詰めたソコは、なんとも欲望に忠実で、最近ちっとも俺の言う事を聞かない。

 

「……まぁ、俺の言う事聞いてこうなってんのか」

 

 それなら仕方ない。まぁ、反応しなくなる方が困るからな。許す。

俺はトイレの個室に入り込むと、そこから一心不乱にあられの事を思い出しながら、固くなったソレを扱いた。

 

「っはぁ」

 

 俺のオカズはずっと原武さんだけだったのに、もう最近じゃ、原武さんの動画なんて欠片も見ていない。

 

 ずっと、俺の頭ん中を占めるのは、あられだけだ。

 早く、早く塾なんて終わらせて、あられに会いたい。

 

「っく」

 

 俺は自分の手の中に吐き出された欲望を見つめながら、コンビニで俺の事を待っているだろうあられを思い、熱い溜息を吐いた。

 きっと、コンビニのイートインスペースで、俺の事を考えて、俺の事だけ想って待っているに違いない。

 

「かわいい……」

 

 あられのせいで、最近の俺の語彙は完全に消失してしまっていた。「かわいい」以外出てこねぇ。でも、ただただ思う。

 

「あられ、かわいい。挿れたい。ヤりたい。また……抱きたい」

 

 そう、欲望の完全に詰まったその言葉に、俺はこの場所がどこであるのかも忘れて、記憶の中に居るあられを、両手で必死にたぐり寄せた。

 その中で、一番直近の、最高の記憶。

 これを思い出したら、もう止まれない。

 

——–おれぇ、これでゴウキの、いちばんになれる?

——–ゴウキ、おれ、ハラムさんみたいに出来てる?

——–ゴウキ、きもちい?

 

「っはぁぁぁぁっ!あん時のあられ、可愛かったなぁ」

 

 早く授業に戻らねぇとヤバイのに、俺のは再び元気になってしまっていた。

 

「あー、ちくしょー」

 

 仕方ないだろ。あられを初めて抱いた日の記憶だぞ。俺はこの記憶だけで、何回ヌいたか分からない。

 そうだ。“初めて”は人生で一回しかない。この記憶は永久保存版だ。俺、記憶力良くて本当に良かった。でも、一つだけ後悔してる。

 

 どうせならハメ撮りして、動画でも撮っときゃ良かった。

 

「っはぁっ。くっ、あられ。お前、可愛すぎ。原武さんより、お前のが可愛いっ」

 

 先程出した精液が潤滑油になって、シゴく手が滑らかに動く。

 あの日のあられは、本当に最高だった。

 

 俺の一番になりたいなんて言って、可愛くシクシク泣きやがる。そんなあられを連れて帰った家には、俺とあられの二人きり。

 そんなモン、抱くしかねぇだろ。

 

「っはぁ、止まんねぇ。あぁ、あられっ、あられあられあられっ。俺には、お前しか居ないっ」

 

 

 十四歳。中二。思春期。ゲイ。

 今まで、周囲に俺の性癖を話せるヤツなんて誰一人として居なかった。バレたら終わり。そんな気持ちで毎日生活してた。

 

 だから、学校でも塾でも、そして家でも。いつも本当のトコロで、俺は一人だった。

 

——-ゴウキ、友達も、彼女もいっぱいいた。

 

 違う。

 俺はこんな性質だから、誰にも心が開けない。ゲイだってバレる訳にもいかねぇから、必死に“普通”の自分を作ってどうにか上手くやって来た。

 本当の俺を曝け出せる場所なんて、自分の部屋のベッドの上。スマホの中の原武さんにだけだった。

 

 なのに、

 

——–その動画!最後まで見せて!

 

 そこに、あられ。お前が現れたんだ。

 バカの癖に、ゲイでもない癖に、女が好きな癖に。俺のこんな性質に引かずに、ずっと一緒に居て、俺の事を好きだって言ってくれた。

 

 俺の一番になりたいって言ってくれた。

 

「っはぁ、あられ。きもちいか?なぁ、あられ。言ってみろよ」

——-あぅっ。きもちっ、これしゅき。ゴウキのおっきいの、ぜんぶしゅき。

 

 ハイ、最高。

 

 正直、自分でも完全に気持ちわりぃと思う。

 でも、今やってんのはオナニーじゃねぇ。セックスだ。俺は、自分の右手をあられの中だと思って、記憶の中のあられとセックスをしている。

 

「なんでだ?あられ。なんで、そんなに可愛い?なぁ、なぁなぁなぁ?」

——-んっ、んっ。ぁんっ!わかりゃ、なっい。おれぇ、かわいいの?

 

 ああ、最高に可愛い。

 

 つーか、マジで気色ワリィな、俺。でも、もう止めらんねぇんだよ。

 頭ん中が全部、あられなんだよ。完全に頭がおかしくなってる。もう、四六時中あられだけだ。平気な顔して俺は最近、家でも学校でも塾でも、あられでイき散らかしている。

 

 だって!仕方ねぇだろ!

 あられ、俺と原武さんの動画ばっか見てきたせいで、ヤってる時の動きから、言動から、表情から、そしてケツから!

 ぜぇぇぇんぶ、原武さんっぽいんだよ!

 

 

——–おれも、ゴウキを気持ちよくしたい。おれも、ゴウキの舐めていい?

「はぁっっ。美味そうに舐めやがって。はぁっ、その顔。その舐め方。まんま原武さんの【絶頂二十連射】ん時の顔じゃねぇか?最高だよ、あられ」

 

 

——–っふ、ん。はぁっ。ごうき。

「キスして頬ずりって、なんだよ。お前、そんなの原武さんはしてなかっただろーが。誰に習った?天然か?あぁ、クソ。だらか、お前は可愛すぎんだよ。もう、お前が俺の最高峰だわ」

 

 

——–俺な?原武さんみたいになりたくて、自分でおしり触ったりしてたけど、ぜんぜん気持ちよくなかった。なのに、なんでゴウキが触ると、こんなにキモチ良いんだろ。

「ウソだろ。早く言えよ。つーか、一人でケツ触ってたって何だよ。自分で触ってんじゃねぇよ。全部俺にヤらせろよ」

 

 

 頭がグラグラする。

 まるで、永久に終わる事のないAVを見ているようで、たまらない気分だ。気持ち良いを通りこして、頭がガンガンする。

 なのに、だ。

 

「っはぁっ、っはぁ」

 

 俺の昂ぶりは全然止まらない。何回出しても満足いかない。

 ここがどこだとか。今が何時かとか。何回イッったとか。

 

「あられ、あられ、あられあられっ」

 

 もう俺には全部どうでも良かった。あられだけ、俺はあられだけ居てくれればいい。

 

——–ゴウキ!俺、ゴウキが一番好き!

 

「っく、あられっ」

 

キーンコーンカーンコーン。

 

「……あ?」

 

 その瞬間、俺は意識を一気に現実へと引き戻された。没頭し過ぎて九十分一コマの授業時間。それを全部、オナニーに使ってしまった。

 

「マジかよ」

 

 俺は精液まみれのトイレに茫然と立ち尽くすと、ともかく早いところホンモノのあられに会いに行くべく――

 

「あーーーっ。また、ヤっちまった」

 

 

 トイレ掃除から始めたのであった。

 

 

        〇

 

 

「あっ!ゴウキだ!」

 

 俺はひとしきり塾の便所の掃除を終えると、コンビニで俺の事を待つあられの元へと向かった。

 そこには、もちろん妄想よりも実物が一番。俺の可愛い可愛いあられが居た。

 

「お前さぁ。千円渡してんだから、もっとちゃんとしたモン買って食ってろよ」

「ん?俺、ブラックサンダーも好きだよ!安くて美味しいし!」

 

 そう言って渡したお金の殆どを返してくるあられに、俺は軽く溜息を吐いた。

 あられの家は貧乏だ。だからなのか何なのか。いくら金を渡しても数十円の菓子だけしか買わない。

 

 もったいないとか何とか言って。

 

 そんで、ひたすらコンビニのイートインスペースに腰かけて俺を待っている。しかも、食べ終わったら席を立たなきゃいけないと思ってるからだろう。

 あの小さな菓子を九十分間、ちょびちょび食べながら、ひたすら俺を待ち続けるのだ。

 

 あ?何でそんな事俺が知ってるかって?

 

「あられ、痩せすぎ。もっと食え。次からは最低でも五百円以上は使えよ」

「えぇっ!?五百円も!そんなのもったいないよ!」

 

 一回、塾サボって、ずっと外からあられの事を見ていたからだ。気色ワリィな、おい。マジでキメェよ、俺。

 そして、あられは可愛い。

 

「ダメだ。約束しろ」

「……うぅ、わかった。がんばる」

「おう、ガンバレ」

 

 俺があられの頭を撫でてやりながら言うと、あられはくすぐったそうに笑って「うん」と再び頷いた。あられは俺に頭を撫でられるのが好きだ。

 そして、俺はあられの体なら、どこを触るのも好きだ。いつも触っていたい。

 

「……あれ?ゴウキ」

「ん?」

「塾で何か良い事あった?スゴく嬉しそう」

「あ、あー。なんか、スゲェ勉強捗って」

 

 嘘だ。

 なにしろ、俺はは一分も授業に出ていない。捗ったのは勉強ではなく、オナニーだ。

 

「そっかぁ!ゴウキ、頭良いもんな!」

「あられよりはな」

「うん!俺より頭良い!」

 

 嘘だ。

 俺はバカだ。もう、とっくにイカれてる。あられバカになってる。多分そろそろ、ぶっ壊れる頃だろう。でもいい。それはそれで最高じゃねぇか。

 

「じゃ、行こうぜ。あられ」

「うん!公園?」

「今日は俺ん家」

「ゴウキん家!今日は何する?楽しみだなー!」

「……ナニすっかなぁ」

 

 俺は、先程死ぬ程イったにも関わらず、下半身が熱くなるのを全く止められなかった。なにせ、今日は“あの日”以来初めての、

 

「あられ。俺は買うモンあっから。先に外で待ってろ」

「うん!分かった!」

 

 親の居ない、金曜日の夜だ。

 

 

 俺はコンビニの棚からコンドームの箱を手に取ると、意気揚々とレジに並んだのだった。

 

 

 

 

おわり


 

読了お疲れ様でした。

Twitter企画『美平Only企画』にて行った【小説当てゲーム】に参加させて頂いた際に書いたお話の加筆修正版です。

楽しい企画に誘って頂きありがとうございましたーーー!

タイトルとURLをコピーしました