番外編4:時間間隔の差!(初代×犬)

番外編4:時間間隔の差!(初代×犬)

※会話文のみ

 

 

——本編直後(無事一夜を明かした後)

 

初代「おい」

犬「はい!」

初代「犬、お前」

犬「はい(どうしたんだろう。初代様が陰キャの俺みたいにモゴモゴするなんて)」

初代「お前、昔は別の男のぱ……?ぱす?」

犬「ぱ?」

初代「ぱ……(なんつったけ)」

犬「ぱ(なんか、初代様。可愛いな)」

 

初代「あ”ーーーもう!忘れた!犬!犬だよ!」

犬「はい!」

初代「ちっげぇよ!お前じゃねぇ!お前が昔、別の男の犬だったって話をしただろうが!」

犬「あ、はい(あ、パシリの事が言いたかったんだ)」

初代「お前さ」

犬「はい」

初代「ここに来るまでに、誰かの犬になってたんじゃねぇだろうな」

 

犬「え?誰かの犬?」

初代「そうだ。お前ぇの事だ。誰彼構わず尻尾振って媚売ってたんじゃねぇのか?」

犬「……えと、ここに来るまで?」

初代「そうだよ!」

犬「えと、一応。俺は勇者なので、犬のような事は……あまり、出来なかったです。(色々自分で決めなきゃならなくて……キツかったな)」

 

初代「…嘘つけ」

犬「え?えぇと(初代様。なんだかイライラしてる?)」

初代「今なら正直に言えば許してやる。言え」

犬「あ、あの。俺、しょ、初代様の犬以外は、したこと、ないです」

初代「っ!クソが!じゃあ何で!」

犬(お、お、お、お!怒ってる!初代様が!ど、土下座しないと!)オロオロ

 

初代「何で!あんなにテメェのケツがユルいんだ!?おかしいだろうが!直前まで他のヤツのモンを咥え込んでたとしか思えねぇっ!」

犬「え?あ?後ろ?ユルい?」

初代「おい、また仕置きされたくなかったら正直に言え。これは命令だ」

犬「(だって、それは……)お、おれ。昨日の夜も、お城で」じわ

 

初代「あ”?(……昨日?城?)」

犬「お城で、しょ、初代様の部屋で……(ユルいって事は。初代様は、気持ち良く、なかっんだ……どうしよう)」

初代「……あ(そうか。コイツ、直前まで、転移前の俺に)」

犬(…し、しまりが悪いと…多分、気持ち良くない。気持ち良くなかったら…俺は、用無しに)

 

犬「…ゆるぐで、ずみばぜん」ボロボロ

初代「あ、ちがっ(やっべ!俺とコイツ!待ってた時間が違うんだった!)」

犬「ち、ちゃんど、がだぐ、じまずので……まだ、みずでないでぐだざい(初代様に捨てられたくない)」ボロボロボロ

初代「あ、いや。ちが。あの」

犬「ずみばぜん。ずみばぜん」土下座

 

初代「おい!顔上げろ!ちげぇから!(おい!どうすりゃいいんだ!?)」

犬「ずみばぜん、ずみばぜん」

 

初代「あ、あ、ご。ご(あ”ーーーー!謝れねぇぇっ!)」オロオロの極み!

犬「(ちゃんと……締める、練習を……しないと)っひぐぅ」頭こすりつけ!

 

 

初代様は数百年間、犬の目覚めを待っていたせいで、犬との時間感覚の差が狂ってしまってます。犬は初代様と前日にお城でヤってすぐに、この時代に戻ってきているので、昨日の今日という感じです。

 

 

初代「ご、ご、ごめ」オロオロ

犬(どうすれば、しまるんだろう)土下座

 

しばらく、この状態。

 

 

タイトルとURLをコピーしました