番外編7:犬が逃げた!(初代×犬)

 

ーーーー再会直後

 

 

初代「おい、犬」

犬「はい」

初代「今日は少し外から客が来る」

 

犬「は、はい。あ、あの。俺は何か、したほうが、いいですか?(知らない人…いやだな)」

初代「いや、お前は何もしなくていい(明かに嫌そうな顔になったな)」

犬「はい(良かった。隠れてよう)」

 

 

初代「(アイツらに見つかると面倒だな)おい、犬。どうせ俺以外のヤツと会うなんて嫌だろ」

犬「はい」

初代「っは、即答か。良い子だ。褒めてやる」撫

 

犬「(人見知りをして褒められたのは…生まれて初めてだ。う、嬉しい)はい」にへ

初代「っ(可愛いじゃねぇか)」

犬「あの、初代様」

 

初代「なんだ」

犬「お、お客様とは、どういった方なんですか」

初代「雑魚の悪魔どもだ。下僕だから気にする必要はない」

 

犬「そうですか(雑魚の下僕。俺みたいなヤツってことか)」

初代「ウゼェ奴らだからな。絡まれねぇように気を付けろ」

犬「はい(俺と似たような陰キャかな。気になるな)」

 

ピン

 

初代「お、来たか」

犬「では、俺は部屋に居ます」

初代「そうしろ」

犬「失礼します」ぺこ

 

 

     ○

 

 

悪魔「マオー!来たしぃ!ひっさびさー!」

悪魔「頼まれてた結界石!これっしょー!へーい!」

悪魔「こっちは、魂のクサリだよーん!」

悪魔「こっちは時空ゲージぃ!」

 

初代「(相変わらずうるせぇな)おう、全部寄越せ」

 

悪魔「アリガトって言えしぃ!」

悪魔「マオーがそんなん言うワケないじゃーん!」

悪魔「てか、何コレー!何に使うんー?」

悪魔「ペットでも飼ったんー?」

 

初代「テメェらに関係ねぇだろ。黙れ」

 

悪魔『ひゃはー!何様俺様魔王様ーー!』

 

チラッ

 

犬(え、えらいこっちゃ。パ、パリピだ。イケメンの一軍ギャルパリピがあんなに…怖い。怖すぎる。絶対に関わりたくない)ソソ

 

悪魔「マオー!」

初代「ンだよ」

悪魔「穢れの泉貸してー!ここ来る時、ユニコーンに見つかって髪の毛浄化されかけちった!」

悪魔「ウケる!禿げんじゃん!」

 

悪魔「ソレなーー!?イッコクイチビョウを争うワケよ!」

初代「(コイツら相変わらず喋り方ウゼェな)勝手にしろ」

 

悪魔「めっちゃ感謝!」タタッ

 

初代「おい、さっさとゲージの使い方を説明しろ」

悪魔「へいへーい!」

 

悪魔「髪の毛チリチリじゃーん!ユニコーンの奴、今度絶対穢してやるしぃ」

 

犬(どんなに離れても声が聞こえる。異世界でもパリピの声は大きいんだ…クラスでもそうだった)ソソ

 

悪魔「あーー!何か居る!」

犬「っ!」

悪魔「お前、人間!?」

 

犬(ひぃっ!パリピに見つかったーー!)脱兎!!

 

悪魔「あー!逃げたー!待てしぃ!」ダッシュ!

 

犬(無理無理無理無理無理!)

 

ヒュン!

 

悪魔「あれぇ?逃げられたぁ。俺、足だけなら魔界一なのにぃ!何あれ何あれ!すげぇ!」

 

犬「無理無理無理無理無理無理無理!っムリーーーーー!」激走!

 

 

ーーーーーー

ーーーー

 

悪魔「はーー!良い穢れだったー!」

 

初代「おい、あとはテメェの持ってきた魂の鎖。その使い方だけだ」

 

初代「説明が終わったら、テメェらさっさと帰れ。用済みだ(犬がビビってそうだし)」

悪魔「ひゃは!ヒデー!

悪魔「優しさの欠片もねー!」

 

初代「下僕の癖に文句言ってんじゃねぇよ。おい、さっさと説明しろ」

悪魔「へいへーい。あ、マオー。そういえばさー」

初代「あ?」

悪魔「人間飼ったの?」

 

初代「…見たのか?」

悪魔「うん!声かけたら逃げた!あの人間スゲー足はえーね!俺が全然追いつけねーの!」

悪魔「はー!?お前が追いつけないとか、ソレ人間じゃなくねー!?」

悪魔「やべーー!」

 

初代「(ビビって逃げたか)お前らに説明する謂れはねぇ。さっさと説明して出ていけ」

 

悪魔「シオ対応過ぎじゃーん!」

初代「早くしろ。次、無駄口叩いたら魂ごと消す(コイツら、早く帰さねぇと。犬が…)」

悪魔「はいはーい。これはねぇ」

初代(ビビって泣いてねぇといいが)

 

 

ーーーーーー

ーーーー

初代「やっと帰りやがった。疲れた…。でもこれで、やっと犬を飼う準備が出来た」

 

初代「気ぃ抜くと、あの犬。今度は時空超えて逃げそうだからな」

 

スタスタ

 

初代「おい、犬!来い!」

 

シン…

 

初代「ん?おい!聞こえねぇのか!犬!」

 

シン

 

初代「は?」スッ

 

タタッタ

 

初代「おい!どこ行った!」

 

バン、バン!バン!

 

初代「どの部屋にも居ねぇ…うそだろ。また、アイツ」

 

ーーーー犬……。この城で、信じられんのはお前だけだったんだぞ。俺をこんな所に一人にしてんじゃねぇよ。

 

初代「っ!」ゾッ

 

ーーーーさみしい。

 

初代「はぁ、はぁ。さ、探しに行かねぇと」バッ

 

 

     ○

 

 

In魔王城の深淵

 

犬「パリピ怖いパリピ怖いパリピ怖い!」耳を塞いでガクブル!

 

初代「犬犬犬犬犬犬!!クソったれが!どこ行った!?おいっ!犬!お、おいっ」じわ

 

初代様、昔の過去のトラウマと経験から完全に外に逃げたと思って、世界中&時空を超えて犬を探しに行く。怖くて城の奥に隠れているという可能性に初代様が行き着くのは、しばらくしてから。

 

初代「…まさか」

 

 

       〇

 

 

犬「パリピ、帰ったみたいだ」ホッ

 

そろそろ

 

犬「初代様はどこだろう」

 

初代「…居た」

 

犬「あ、初代様。おかえりなさい」ててッ

 

初代「…」

犬「?」

初代「命令だ。部屋で待ってろ」

犬「はい(初代様?)」ステテ

 

初代「……っぅ」ズズッ

 

 

ひとしきり泣いてケージと首輪と結界を張りました。

 

タイトルとURLをコピーしました