番外編9:最高の相性!(初代×犬)

 

ーーーー旅の途中

 

犬「初代様、次は何をしましょう?」

初代「(コイツ…いつも俺の命令ばっか聞いてやがんな)いや今はいい」

犬「はい、わかりました」

初代「おい」

犬「はい!何をしましょう!」

初代「今日は特別だ。俺がお前の願いを聞いてやろう(まぁ、たまに躾にも褒美がいんだろ)」

 

犬「っ!え、あ、いや…お、俺はっ!(あ、あ、あ!む、むりむり!」

初代「…あ?(なんか様子が変だな)」

犬「しょ、しょだい様、あの、それ、でしたら。いつも通り命令を、してください」

初代「…お前。一体何なんだ?」

犬「へ?」

初代「普通のヤツなら、いつも自分をコキ使ってる相手が、」

 

初代「テメェの言う事を、何でも聞いてやるっつったら、喜んで望みを言うだろうよ。なのに、何でテメェは何も言わない?」

犬「あ、いや。その」

初代「もしかして、マジで何か望みを言ったら俺がキレるとか思ってんのか?だとしたら、舐めんのも大概にしろって話だ」

犬「ちっ、ちが!違いますっ!」

 

初代「ほう(コイツにしては珍しくハッキリ言ったな)じゃあ、何だ」

犬「あの…初代様にとっては、意味がわからない事を言ってしまう、かも」

初代「別にテメェのクソつまんねぇ話を聞くのも初めてってワケじゃねぇ」

犬「でも、上手く伝えられる自信が…」

初代「じゃあ、お前はこう言えば満足か」

 

犬「え?」

初代「言え。これは命令だ」

犬「は、はい!」

初代「勘違いすんなよ。俺は”言え“とは言ったが、“上手く“言えとは言ってない」

犬「っ!」

初代「俺はテメェと違って理解力がある。犬がグズグズ言っても理解してやるよ」

犬「あ、ありがとうございます(こんな事言って貰えたの初めてだ)」

 

初代「じゃあ、言え」

犬「はい。あの、俺。何かを、決めたり、考えたり、するのが…」

初代(ま、苦手そうだわな)

犬「大嫌いで、」

初代(…大嫌いときたか)

犬「な、なんでかって、いうと…」

初代(相手に迷惑をかけるのが、嫌とかそんなんか)

犬「とにかく、考えるのが、面倒、で」

 

初代(ほう、面倒ときたか…)

犬「言われた、事だけ、やってればいいのが、楽で。今までは言われた事だけ、しかやらないと、気が利かないって言われたりして。凄く、怒られたりとかして」

初代「…」

犬「つーか、そんなん言われても…わかんねーし(イラァ)」ボソ

初代(…コイツ腹立ててやがる)驚

 

犬「気が利かないって、何で、俺が分かりもしない他人の事を考えて先回りで行動しなきゃならないんだよ。言ってくれれば…」(最早独り言)

初代「へぇ、お前もそんなナリで色々と周りにムカついてたワケか」

犬「っあ!(そうだ!初代様にお話してたんだった!)あ、あの、初代様!あの、すみませっ」

 

初代「何謝ってんだよ。何かお前は悪い事でもしたのか?」

犬「あ、いえ。そういうワケでは…ないですが」

初代「じゃあ、命令だ。悪いと思ってもねぇのに謝んな」

犬「は、はい」

初代「分かった。テメェにとっては何か自由に決められる状態で、相手の事を考えて動かなきゃなんねーのが、」

 

初代「死ぬほどヤりたくねぇっつー事でいいか?」

犬「は、はい!(分かって貰えた!)」

初代「つまり、犬。テメェは俺に自分の面倒事を全部丸投げしてたって事だな」

犬「っ!あ、あ!ちがっ、(…違わない。確かにその通りだ)す、すみま」

初代「謝んな」

犬「…(でも、これは俺が悪い)」俯く

 

初代「っは。おい、犬。テメェは勘違いしてそうだから、わざわざ言ってやるけどよ」

犬「?」

初代「お前の面倒事は、俺にとって面倒じゃねぇ。むしろ、選択と決断は俺にとって譲れねぇモンだ」

犬「!!(か、格好良い)」

初代「つまり、何が言いたいのかというと」

犬(あぁ、初代様。俺、本当に)

 

初代「お前と俺は、相性が良…じゃねぇ!利害関係が一致してるってこった。俺は勝手な事されんのが一番嫌いだからな」照

犬「初代様。あの、俺、俺っ」

初代「あ?何だ?」

犬(そんな事。誰も言ってくれなかったのに)そろそろ

初代「あ”?テメェ!何でここで土下座してんだよ!?ワケわかんねぇ!」

 

犬「俺、初代様が好きです」地面に頭を擦り付ける

初代「っはぁ!?キメェ事言ってんじゃねぇ!」真っ赤!

犬「すみません!もう、言いません(でも、本当に好きだ。こんな事言ってくれる人、他に居ない。初代様。好き)

初代「っぐ!言うな、は…言い過ぎた。撤回する。キメェ事も多少は許してやる」

 

犬「はい(初代様、好きだ)」

初代「おい、いつまで土下座してんだ」グイ

犬「っ(初代様、格好良い。さすが初代様。好きだ)」トロ

初代「(クソが!良い目ぇしやがって!)おい!犬!」

犬「はい!」

初代「抱いてやる!来い!宿に行く!」

犬「はい!(初代様の言う通りにすれば間違いない!)」

 

 

この後、凄まじい仲良しな感じの事をしました。お互い突き抜けた性格がピタリとハマっているおかげで、他では得難い相性の良さを発揮する。

 

物語終盤、やたらと「初代→→→犬」みたいな描写に偏ってしまったので、一応補足。こういうやりとりが、旅の中であったりして、犬も初代様が心から大好きです。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました