幕間:認識

 

 

 その日、本村洋は走って塾へ向かった。
 いつもより10分早く家を出た。
 洋は気になっていた。

 自己満足の筈だった。

 

 だけど、気になった。

 塾に飛び込み、洋が前から三番目の席へ駆け込む。

 

 洋が、薫の手紙を見つけた瞬間、

 

 11時間前の薫の願いは叶い、

 

 自己満足だった洋の想いが繋がった。

 

 

 

 こうして、 二人の奇妙な文通は始まった。

 

タイトルとURLをコピーしました