(外伝23):金持ち父さん、貧乏父さん(23)

 

『こうして、お前らとあの場所以外で会うのは初めてだな』

『そうね、夕まぐれさん』

『え?あの場所?何の事ですか?お父様』

 

 夕まぐれの言葉に、それまで顔を真っ赤にするばかりだったビロウが、きょとんとした顔で父親を見上げている。けれど、夕まぐれはそれには答えず、ビロウの頭をポンポンと撫でてやると、すぐに俺達に、いや、ニアに向き直った。

 

 そして、突然のビロウの登場と、それに相対する俺達という構図に、村人たちの視線が集まり始めた。なにせ、ここは村の中心なのだ。婚姻の儀も、村の重要な決め事をする集会も、全て此処で行われる。

 

 皆の目を引くには、充分な場所なのだ。

 

『よーし、よし。アイツ、俺の見送りに来いと言ったのに無視しやがったが、ちょうど居るじゃないか。これで役者は揃ったな』

『夕まぐれ、お前は役者だったのか?』

『お前は黙れ』

 

 夕まぐれは先程までビロウの頭を撫でていた夕まぐれの手が、俺の肩に置かれる。そして、次の瞬間、夕まぐれが俺の耳元で一言だけ呟いた。

その時になり、ようやく俺は昨日、ニアと夕まぐれが二人でコソコソと何かを企むように笑い合っていた姿の意味を知った。

 

———–一曲、頼む。

 

 あぁ、二人は此処でお別れのダンスを踊るのだ。サヨナラの代わりに。

確かに二人で、これからダンスの舞台に立つのだ。今、こうして俺達の事を遠巻きに見ている村人たちこそが、ニアにとっての観客だ。

 そして、夕まぐれにとっての観客は、俺の傍に立つ息子のビロウと、そして――。

 

 そうか、お別れなのか。そうだ。もう夕まぐれとはお別れなのだ。

じゃあな、また明日な。その明日は、俺達と夕まぐれにはない。

だったら、サヨナラの歌を歌わなければなるまい。

 

———-いま、だけは、明日が、あると

 

『ニア、俺と一曲、踊ってくださいませんか?』

『ええ、よろこんで』

 

 目の前で、俺が何度も何度も見て来た“始まり”の姿が、今日も繰り広げられる。そんなんだから、明日も同じような日になると、思い込む時がある。

 

———-信じて、手をとる。けれど、

 

 サヨナラはこうしてサヨナラの顔をしてやってくる時もあるし、時にはサヨナラの顔をせず、また明日の顔をしてやってくる事もある。

 赤ちゃんだったニアもきっとそうかもしれない。明日も明後日も、ずっと“そう”だと思っていた。信じていたけれど。

 

———-気付けば、もう。貴方は居ない。

 

 いつの間にか、ニアはもうこんなに大きくなった。

 時間はサヨナラの姿すら、見えなくする。怖い奴だ。あぁ、そう。

 

———-サヨナラの一言すら、言えずに、迎えるサヨナラの、なんと悲しいこと。

 

 俺は、チラと集会所に居たヨルに目を向けた。もう、かなりやを自分の手で黒くするのは止めよう。夕まぐれのように、いつかヨルもこの地を去る。

 その時にするサヨナラが、きちんとサヨナラの形に出来るように、俺は。

 

———-だから、私は貴方に会いに行く。サヨナラを言う為に。会いに行く。

 

 ヨルと今夜、踊りたい。

 明日じゃダメだ。いつ、信じた明日が来なくなるか分からないのだから。

 全部、ヨルとしたいことは、今日やる。俺にとってのヨルは“今日”しかないのだから。

 

『……二人とも、上手になったなぁ』

 

 もう、足なんて一回も踏まない。危なっかしい所があっても、互いに補って乗り切った。

二人は互いの動きに合わせて素敵な踊りを1曲踊り終えたのである。互いを見つめて、そして、二人が本来見据えるべき未来を見据えて。

 そんな二人に、俺は拍手を送った。

 

『お父さん、それは本当の“じょうず”?嘘ではない、本当の“じょうず”?』

 

 ニアが夕まぐれから離れて、俺の元に駆け寄ってくる。不安そうな顔だ。

 もう、赤ちゃんじゃないニアが、一人の立派な女の子であるニアが。

 

『嘘じゃない。本当の上手だ。お父さんはニアに嘘をつかない。わかるだろ?皆が上手だって言った時も、お父さんはそうは言わなかった。だから、もう一度言おう。ニアのダンスは“じょうず”だったよ』

 

 俺はこの言葉を本気でニアに伝えるために、過去の日々。一度だってニアのダンスを上手なんて言った事はなかった。

 

———-ニアはこの村の誰よりも、一等ダンスが下手くそだ!

———-あああああ!きらいきらい!お父さんなんかきらいよ!

 

 優しい嘘が、相手を守る事があるのは分かる。けれど、俺は不安になった時に、この子の背を押してやれる力のある言葉を持つ“お父さん”になりたかった。

 俺の”言葉”は、この時の為にあった!

 

『ニア!お前はなんて素晴らしい女神なんだ!』

 

 俺はたまらずニアを抱きかかえると、特に嫌がらずに抱っこをさせてくれる娘に感謝した。これも、きっと俺の為の抱っこだろう。

 きっと、もう明日はさせてくれない、抱っこ。

 

 だから、今日めいっぱい抱っこしておこう!

 

 

タイトルとURLをコピーしました