<小話19>:父さんシリーズ

シリーズお喋りまとめ

【金持ち父さん、貧乏父さん】&【前世組み】

 

 

——-前書き———

【お父さん】シリーズに関するおしゃべり。今回はお父さん達だけ。

————————

 

 

 

【スルー、初めてのお風呂】

—–二人してお屋敷のお風呂場へ

 

スルー『あはは!霧がある!部屋の中なのに霧だ!』

ヨル『湯気だ。なぁスルー』

スルー『湯気かぁ!確かにこの湯気はあったかいな!』

ヨル『スルー』

スルー『なんだ!ヨル!俺はここで踊りたい気分だぞ!』

ヨル『…やめろ。頼むからタオルを使ってくれ』

スルー『いやだ!』

 

 

ヨル『い、嫌だと……?』

スルー『あんなに立派でふかふかの布を、俺に捲くのはもったいないから嫌だ!あはは!あれはなんだ!こっちのはなんだ!あはは』

ヨル『…スルー。転ぶぞ。あと、そんなに大きく動くな』

スルー『っ!あったかい!この水、全部あったかい!これは全部お湯か!すごっうああ!』

 

 

スルー『……すべってしまった』

ヨル『(豪快過ぎる……腹を見せて横たわって……まるで隠そうという意思が微塵もない……なんなんだ。スルーには、羞恥心はないのか)……だから、言っただろう』

スルー『……ヨル、ここは”まさつりょく”が少ない?』

ヨル『そうだな。ほら。スルー、いい加減体を起こせ』

スルー『…』

 

 

スルー『まさつりょくは、場所によって力がこんなに変わるのかぁ』

ヨル『スルー?』

スルー『なぁ、ヨル?ここは、”まさつりょく”より”こうしんりょく”が強いな』

ヨル『あ、あぁ。そうだ。なぁ、スルー。頼むから、そろそろ体を……』

スルー『だからか!さっきからヨルが”弱く”なってると思った!ふふ』

ヨル『(くそっ!)』

 

 

【スルー初めてのシャンプー】

スルー『ヨル、このトロトロはなんだ?』

ヨル『……いちいち、此方を向くな。それは髪の毛や体を洗う洗料だ』

スルー『良い匂いがする……(ぺろ)』

ヨル『おいっ!食べ物じゃないぞ!?何でもかんでも口にするな!?子供か!?』

スルー『……おいしくない』

ヨル『まったく……そうだろうとも』

 

 

スルー『……良い匂いのものは、たいてい美味しいのに』

ヨル『野生の世界ならば、な』

スルー『このトロトロを、俺はどうすればいい?』

ヨル『体や髪につけて、手でこするんだ(こんな説明は生まれて初めてするな……変な気分だ)』

スルー『こする、こう、こうか?うぇ、ぬるぬるだ』

ヨル『……』

 

 

スルー『っ!ヨル!見てくれ!トロトロのヌルヌルが変身してる!ふわふわだ!』

ヨル『っ!だから!?いちいち、こっちに体を向けてこなくていい!分かっている!見せるな!?』

スルー『あははっ!これは面白い!どんどんフワフワを増やしたら、俺は最後”けもる”みたいになるな!けもるになろう!』

 

 

スルー『あはは!髪の毛もけもる!体もけもる!』

ヨル『(一体、何なんだ”けもる”とは…)』

スルー『ヨルも、俺がけもるにしてやる!このトロトロをたくさん使って、ヨルの体にこすると、ヨルも狼から”けもる”だ!』

ヨル『……おいっ!勘弁してくれ!』

スルー『ぐ、摩擦力が強くなってしまった』

 

 

 

 

【それって臭いって事じゃ……】

イン『オブー!』

オブ『イン!』

イン『っ!』(くんくん)

オブ『えっ、なっ。急にどうしたの?えっ?おれ、臭い?!』

イン『良い匂いだよ!この匂い好き!』

オブ『あっ、ありがと(インって犬みたいだよな…可愛い)』

イン『なんでだろう。オブとお父さん、同じ匂いがする…』

オブ『えっ?』

 

 

——–一言——–

はいじ『同じ匂いって、臭いってことじゃ…かなり失礼な落ち込みをかます、おぶ』

 

 

 

【スルー、お前の事を聞かせてくれ】

——–お湯浴び後のヨル

ヨル『(スルーのあの体の傷…だいぶ古いようだったが、あれは一体誰がどういう目的でつけたものだ?あれほどの傷は、日常的な体罰でもない限り、つきようもない。それか…村人からのいじめか?変わり者と揶揄されてはいるが、別に現在のスルーが何かをされている様子はない…だとすると)親、か?」

 

 

 

【父親の役割】

スルー『なぁ、ヨル』

ヨル『なんだ』

スルー『オブは赤ちゃんの正しい作り方を知ってるのか?』

ヨル『な、何だ。急に』

 

スルー『オブに本を読んでもらってから、インが赤ちゃんは流れ星が連れてくると言い出したんだ!』

ヨル『…(あの本か)』

スルー『もしかして、オブも知らないんじゃないか?』

 

ヨル『知らない訳がないだろう』

スルー『なんでだ?ヨルが教えてやったのか?』

ヨル『いや、そういった事は全て家庭教師が教える事になっている。オブも11歳だ。教わっているだろう』

 

スルー『じゃあ、オブはインにウソを教えたのか?』

ヨル『ウソを教えたというより物語でそういった話が出てくる』

 

 

スルー『物語か…でも本当は流れ星で赤ちゃんは出来ないし。インは、このまま一生勘違いをして生きる事になるのかー』

ヨル『なるのかー…じゃないだろう。そこは父親である、お前が教える所じゃないのか』

スルー『どう教えていいか、わからん。むずかしい』

ヨル『お前が教わったように教えればいい』

 

 

スルー『俺にそう言うことを教えてくれる大人は居なかった』

ヨル『じゃあ、どうやって知った。友人からか?』

スルー『友達もいなかったしなぁ』

 

ヨル『…くっ、オポジットは違うのか?』

スルー『オポジットは、野蛮だからキライだ!友達じゃない!』

ヨル『…じゃあ、お前はどうやって知ったんだ』

 

 

スルー『森で動物の交接を見た。だから、人間も似たようなものだろうと思ってたな』

ヨル『まったく、お前はつくづく“野生”が師なのだな(…親は何をしていたんだ)』

スルー『あれは口では説明し辛い。それに。人間の女の人と動物のメスは多少違うから、交尾を見せに行ってもピンとこないだろうなぁ』

 

 

スルー『なんか、面倒になってきたから、流れ星でいいか!』

ヨル『いや、駄目だろう。父親が教えなければ、誰が教える』

 

スルー『ヨルは自分で教えてない癖に偉そうなことばかり言って!ヨルだったら、何て言って教えるんだ!』

ヨル『……俺なら、俺ならば』

スルー『(じっ)』

ヨル『……ぐっ』

 

 

スルー『何故ここで、そんな大きな“まさつりょく”を発揮する!?』

ヨル『むりだ』

スルー『だろ?交接を教えるって難しいんだ。して見せる訳にもいかないしな。間違って子供が出来ても、育てられる余裕はないし』

 

ヨル『してっ…(言葉に頓着が無さ過ぎる)子供が出来る心配がなければ、やってみせるのか……?』

スルー『ヴィアがいいよって言えばな。して見せた方が早いし。でも、多分断られるだろう』

ヨル『……だろうな』

 

スルー『まぁ、いいさ!そのうちオブが教えるだろ!』

ヨル『性教育を他人の息子に投げるな!?』

 

 

——–一言——–

はいじ『オブが実践をかねて、上手に教えてくれました』

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました