第4.5章(外伝):金持ち父さん、貧乏父さん その3

第4.5章(外伝):金持ち父さん、貧乏父さん その3

二度目の後書き

 皆様、読了お疲れ様です。  本当の、本当にお疲れ様です。  此方のお話を書いております、はいじです。  さて、こちらの【番外編】11月の半ばからスタートさせて、完結が2月。  まる3か月も終わらせるのにかかってしまいま...
第4.5章(外伝):金持ち父さん、貧乏父さん その3

101:金持ち父さん、貧乏父さん(101)

----------- ------- ---- 『っ!!』  俺は納屋の隅にある藁の上で蹲りながら、心臓が飛び上がる程の嫌な感覚に目を開けた。 『はぁはぁはぁっ』  先程まで、酷く嫌な夢を見ていた気がす...
第4.5章(外伝):金持ち父さん、貧乏父さん その3

100:金持ち父さん、貧乏父さん(100)

        〇  ザンはかろうじて建っているように見える、小さなボロ屋を前に腕を組んだ。そういえば、ザンはスルー抜きでこの家を訪れた事は一度だってなかった。  オポジットはスルーは納屋で丸まっていると言っていたが、実際に...
第4.5章(外伝):金持ち父さん、貧乏父さん その3

99:金持ち父さん、貧乏父さん(99)

----------- -------- ----  嫌な現実が追いかけてくる。 ---------スルー。村の併合が完了したら、正式に首都に戻る事が決まったよ。  そう言ってヨルがなんて事ない顔で、俺から背を向け...
第4.5章(外伝):金持ち父さん、貧乏父さん その3

98:金持ち父さん、貧乏父さん(98)

『……これは』  しかし、ザンの伸びきった背筋は村の荒れ果てた状況に、一気に肝を冷やす事になった。  倒壊している家屋は見当たらないが、それにしても酷かった。いつもの、どこか安穏とした村の様子は、今回ばかりは飛び散った木々や...
タイトルとURLをコピーしました