ヨル×スルー②-2

————

———

—–

 

『スルー、どうした?』

『……ヨル』

 

 今日も今日とて、俺はヨルと大岩の上に居た。隣にヨル。いつもと同じ。けれど、俺だけはいつもと違った。

 

『おい、スルー。元気がないな。具合でも悪いのか?』

『…………』

 

 ヨルが俺へと体を寄せる。そんなヨルの体の暖かさと、ヨルの匂いに、もう俺は頭がおかしくなりそうだった。だって、やっぱり疼くのは、俺の種を出す“雄の方”でない。乳だし、穴だし。もう、こんなのは完全に“雌”だ。

 

『おい、スルー。なんとか言え。なんで、そんな泣きそうな顔をしている』

『よ、よる。あの』

 

 ヨルに助けを求めたい。けれど、口を吐いて出そうになる、ヨルへの言葉は、全て音のない呼吸音で終わる。ダメだ。こんな事は、恥ずかしくて言えない。言えっこない。

 恥ずかしい、恥ずかしい、恥ずかしい、恥ずかしい!!

 

 理由のつかない、当たり前じゃない事をしている。きっと俺は正真正銘の“変わり者”になったのだ。頭がおかしくなったに違いない。もしかすると、頭の病気にかかったのかも。だから、こうして雄ではなく、体が雌だと勘違いしているのかも。

 

 恥ずかしい、怖い、恥ずかしい、怖い、っヨルに、知られたくない!

 

『スルー』

『…………』

 

 雄なのに、種も蒔かずに種まきが終わったあの日。俺は一睡も出来なかった。ずっと、ずっと考えてしまったのだ。

 これは俺の癖。分からない事は気持ち悪い事だから、俺は必死に俺の頭の中で考える。俺の体に起きた異変を。俺の不可解な状況を。けれど、そんな俺の苦しい状況に対し、明確な答えを導き出す事は出来なかった。

 

『スルー!聞こえていないのか!おい!』

『っ』

 

 そして、そうこうしているうちに、夜は明けてしまったのだ。もう、本当に……きっと、俺は頭が狂って、病気になったとしか言いようがない。

 あぁ、ヨルの強い言葉がすぐ隣で耳を突くのに、ヨルの方すら向く事が出来ない。

 

『スルー、頼む。此方を向いてくれ』

『……いや、なんでも』

『何でもない訳ないだろう。どこか具合でも悪いのか。お前、今日は本当に様子がおかしいぞ。熱でもあるんじゃ』

 

 そう言って俺の額にヨルの手が触れる。触れた瞬間、俺はとてつもない失態をおかしてしまった。

 

『っぁう』

 

 種まき遊びの時に出る声が、出た。だって、ヨルが体を触ると思ったら、思わず気持ち良い事をされると想像してしまったのだ。

ヨルは、俺の体を心配してくれていただけなのに。なのに、もう俺は、ダメだ。完全に穴がうずくし、乳も疼く。

 けれど、もう雄なのに種は出ないかもしれないのだ。じゃあ、何のためにアレをする?

 

『スルー』

 

 ヨルが驚いた顔で、俺を見ている。あぁ、暑い暑い。夏だから仕方ないけど、これは夏の熱さのせいか?こんなに、体の内側から熱くなるのは、違うんじゃないのか。

 

『お前、恥ずかしがって、いるのか?』

『……うぅぅ』

 

 しかも、すぐにヨルにもバレた。それは、きっと俺の顔が真っ赤だからだろう。

どうして、人間は恥ずかしい事はバレたくないのに、すぐバレるように出来ているのだろう。なんで、バレたくないのに、こんなに体中が真っ赤になる?どうして?どうしてだ?

 

『……はず、かしい』

 

 意味が、わからない。もう、いやだ。

 

『スルー、言え。お前、いつも俺にして欲しい事はちゃんと口出すだろう。なのに、どうして今日は黙る。何がそんなに恥ずかしい。スルー、スルー。なぁ、スルー』

『よ、ヨル』

 

 スルー、とヨルから名を呼ばれると、俺の体はもっともっと熱くなった。

もしかしたら、俺の体は燃えているのかも。火にくべられているのかも。そう、思ってしまうくらい、熱い。そして、恥ずかしくて仕方がないのに、ヨルの言葉の力は凄くて、もう、恥ずかしいのに、ヨルの言葉にも抗えず、俺は口に出していた。

 

『よ、よる。た、助けて、くれ』

『あぁ、助ける。助けるから、教えてくれ。お前は一体何に苦しんで、何に羞恥を覚えている』

『きいて、くれるか?すごく、へんなんだ。おかしくて、はずかしい』

『聞く。一晩かかっても、二晩かかっても。お前の傍で聞き遂げよう』

 

 ヨル。あぁ、ヨル。

 恥ずかしくて苦しいけれど、もう我慢できないから言う。全部言う。もしかしたら、言いながら火を吹いて死ぬかもしれないけれど、もう死んでもいい。

 ヨルに聞いてもらいながら、死ねるなら、それもいい。

 

『おれ。おす、なのに。もう、めす、かもしれない』

『……は』

『きのう、家にかえって、眠れなくて。ヨルと種まき、したのに、またっ。……夜に、種まきしたくなって。した。けど、雄の方じゃ、ぜんぜん、きもちよくなくて、だから、いつもヨルがしてくれるみたいに、乳と穴をさわった』

 

 俺はヨルの肩に触れながら、縋るように言った。口の中に唾がたくさん出てくる。ゴクリ、ゴクリと話しの合間に飲み込むせいで、上手く、いつものように喋れない。恥ずかしい、恥ずかしい。

 体が熱い。

 

『……それで、スルー。自分で触れて、どうだった』

 

なのに、ヨルが余りにも射抜くような目で、俺を見てくるものだから、俺も、ヨルから目を離す事が出来なかった。ヨルの呼吸が、少し荒くなっている気がする。あれ、俺の息が荒いのか?

 

『き、気持ちよかった。……はぁ、あの、雄を触るより、雌みたいに乳にさわって、穴に、ヨルがするように、ゆびを、挿れた。めを、瞑って、ヨルを思い、出しながら。した』

『……それで、俺を想って。最後はどうした』

 

 いつの間にか、ヨルの手までもが俺の肩に触れている。いや、触れているなんて生優しいモノじゃない。ギリと、力いっぱい握り締められている。強く、強く。俺の言葉が先に進むにつれて、その力は、もう俺の肩を砕かん勢いだ。

 でも、俺はその痛みを気にしている余裕は、これっぽっちもなかった。恥ずかしくて、俺は俺で燃え死にそうなのだ。

 

 俺を茹でる窯にくべられる薪は、どんどん量が増え、炎の勢いがゴウゴウと増しているようだ。

 

『っはぁ、気持ちよさが沢山になって。種が、出たって思ったのに』

『あぁ』

 

 言っていいだろうか。こんな、頭のおかしい事を。さすがのヨルも、変わり者すぎて、俺の事を、気持ち悪く思うかもしれない。

 そう、俺が言うのを躊躇って、は、は、と荒く短い呼吸を繰り返しているとヨルが、俺の肩に置いていた手を離し、俺の唇に親指と人差し指で、ソッと触れてきた。

 

 触れて、言った。

 

『言え、スルー』

 

 まるで、獲物を目の前にした、獣の唸るような声だった。

あぁ、目の前に居るヨルは、最早本物の狼だった。ヨルの薄く開いた口の隙間から、白い歯が見える。あれは牙だ。腹の下からゾワゾワと湧き上がるこの感情は何なのか、俺にもよく分からない。俺はヨルを怖がっているのか?

ただ、一つ分かるのは。

 

『で、なかった。種が、全然でなくって。なのに、体はちゃんと、種をだした、みたいなかんじ、なんだ』

 

 逆らえないという事。ギラギラとした目で俺を見つめるヨルの、その目で捉えられるだけで、俺は気持ち良くて気持ち良くて、もう正直、雄とか雌とかどうでも良かった。

 

『ヨル、ヨル、ヨル。俺は狂ったかな。雄なのに、体は雄なのに、雌みたい、なんだ。なぁ、ヨル、助けて、くれ。こわい……はずか、しいっ』

 

 俺が言い終わるか終わらないかのうちに、俺の体はヨルに引きずられて、いつの間にか岩の上から、原っぱの草の上まで引きずり降ろされていた。まるで、俺は今から狼に食われる、弱い獲物のようだ。

 

『クソッ!スルーっ!恥ずかしいだとっ!今までそんな素振り、一度も見せなかった癖にっ!ここに来てなんだ!?俺をどこまで狂わせれば気が済むっ!クソクソクソクソッ!』

『っひ、んんんっ』

 

 ヨルが俺の口を食べた。いつもより、激しく食べる。舌に歯を立てられる。呼吸もまともにさせてもらえない。けれど、何故だろう。

 自由の利かなさが、どうしてこんなに気持ちが良いのだろう。

 

タイトルとURLをコピーしました