278:作戦会議

 

「……ベストのやつ、なんで一緒にシャワーはダメなんだ」

 

 ベストをシャワー室に連れて行き、そして再度一緒にシャワーを浴びる誘いでも断られたのだろう。プラスは酷くしょんぼりした様子で共有スペースまで戻ってきた。

 

 しかし、俺達大人二人にはしょんぼりしている余裕など欠片もないのだ!

 

「さあ、プラス!今から二人で作戦会議をはじめよう!」

「作戦会議!なんのだ!アウト!」

 

 俺は“作戦会議”という、少しだけ男心をくすぐる単語を使い、俺の向かいにしょんぼりした様子で腰かけたプラスに話しかけた。

 するとどうだろう。それまで、しょんぼりしながらブツブツと文句を言っていたプラスが一瞬にしてその目を輝かせてきた。しかも、輝かせるだけではない。

 テーブルの向かい側から一気に体を此方へと乗り出してくる勢い付きだ。

 

「何の作戦を立てる!?」

「それは、だ!」

 

 こういう所が、俺とプラスの非常に“ウマ”の合う所なのである。

 

「今日のベストの晩ご飯についてだ!」

「ごはん、か……確かにそれは大問題だな!」

「そうなんだよ!大問題過ぎて、無視できない!」

 

 そう、俺達に無視できない問題。それは小さな子に食べさせられる“ごはん”が此処にはないという事なのだ。

 

「俺の取って来た木の実、じゃダメだよな?あったかミルクはどうだ?」

「うーん。ミルクはいいかもしれないけど、毎日ミルクだけだったら、きっとベストはお腹を空かせて大きくなれないと思うんだ」

「確かに。でもな。アウト。俺は料理なんてまったく出来んぞ」

「俺もだよ」

 

 俺とプラスは互いに腕を組んで頭を悩ませた。俺とプラスは最近、加齢のせいか殆ど食欲が沸かないのだ。朝ごはんも昼ごはんも、下手すれば夜ごはんだって食べなくても気にならない。

 唯一よく食べるのは、プラスと一緒に広域公園の森で拾ってくる木の実くらいだ。

 

———木の実だけだと!?あり得ん!!

 

 その事がウィズにバレた時、ウィズは心底俺を心配した挙句大いに激怒してきたのだが、別に俺の体はどうってことない。

 きっと三十も近くなってきたせいで、体がたくさん食べれなくなってきたのではないだろうか。むしろ、俺もプラスも食欲よりも睡眠の方がたくさん必要なくらいだ。

 

 だって、朝もギリギリに起きるし、昼休みも俺達はずっと寝ている。そういう所も、俺達は似ているので、よくアバブから「二人共、昨日は夜遅くまでナニしてたんですか?」なんてニヤニヤした顔で毎日尋ねられる。

 

 ナニって。だいたい前日の夜も早く寝ている!

 だって眠いのだ!ただ、朝、目が覚めると俺の狭い布団の中には、けもる達とプラスが一緒に入り込んでいる事が多々ある。

 

 そのせいで、あったかくてよく眠れてしまうのだが。

まぁ、二十六歳……否、もうすぐ二十七歳を目前にした男二人が、狭い布団の中で身を寄せ合って眠るというのは、なかなか他人には言えないモノである。

 

「木の実とミルクじゃ、絶対にダメだ」

「そうだな、ダメだ!ベストは早く大きくなって夜の王様にならなきゃいけないんだからな!」

 

 そうだ。大人の俺達の食欲減退を小さなベストにまで押し付ける訳にはいかない。今後の俺達の料理の腕については、これからしっかりと身に着けていくとして、まずは近々の夕食について、しっかりと考えなければ!

 

———さぁ、アウト。夜くらいは俺が作ったモノをしっかりと食べろ。否は認めん。食べるんだ。

 

「……あ」

「どうした?アウト」

 

 ハタと良い考えの浮かんだ俺に対し、プラスがそれに呼応するように眼鏡をキラリと光らせた。

 

「ウィズだ」

「ウィズ……あぁ、アウトの恋人か。恋人がどうした?急に恋しくなったのか?」

 

 さすがの俺も、こんな重要な作戦会議中にウィズに会いたいとは思わない。これは、とんでもない名案を思い付いてしまったぞ!

 

「プラス!ウィズにご飯を貰いに行こう!」

「む?ウィズはごはんが上手なのか?」

「うん!上手だ!ウィズは全部上手!だって毎晩俺の夜ご飯にパンケーキを作ってくれるんだ!」

「それはいい!今からウィズの所へ行って、ベストの大きくなれるごはんも作ってもらう事にしよう!」

「そうしよう!」

 

 俺達はピッタリと合った“ウマ”で、互いに目を輝かせると、作戦会議を終了した。丁度良い。ウィズにはプラスの話はしていたが、会わせた事はなかったので、これを機に紹介するのも良いだろう!

 

「そうと決まれば、ベストのシャワーが終わったら、そのウィズって奴の所へ行く事にしよう!」

「うん!なぁ、ベストの着れる小さい服ってあったか?」

「ない!服もたくさん準備しないとな!」

「そうだな!なんだか俺、ワクワクしてきたよ!プラス!」

「アウト、それはな?初めての子育てだからだ!これからずっとワクワクが続くぞ!」

「わぁ!」

 

 そう言って、共有スペースでバタつき始めていた部屋の入口で、実はひっそりとベストが此方を見ていた事に、俺達は全く気付いていなかった。

 

「……木の実、だと」

 

 そう、どこかの誰かと同じ衝撃を、まさかの幼いベストが受けている事など、ベストの着れる服を探していた俺達は、まったく知る由もないのであった。

 

 

タイトルとURLをコピーしました