351:寂しくない

————

———

—–

 

 ゴロリと寝転がって、真っ暗な空間を眺めてみる。

 

 見上げてみて、何がある訳でもない。

 そこに見えるのは、ただただ真っ暗な空間だけ。

 

 けれど、スルーは言った。

——ここに座って、空を見ながら話そう!

 

 そして、こうも言った。

——今は曇ってて、星も月も見えないが、きっとそのうち雲が晴れて星と月が夜空を照らしてくれるはずだ!

 

 この暗闇の世界を、そんな風に表現するスルーに対して、俺はなんとも素敵だと思ってしまった。

 

 なぁ、プラス?

 お前は俺の事がずっと嫌いだったって言っただろ?

でも、やっぱり俺はお前の事が好きだよ。お前がスルーでもプラスでも、何色の眼鏡をかけていても。

 

 俺は好きだよ。

 

        〇

 

 

『へぇ、じゃあお前達はここに、人を探しに来たのか?』

『そう。でも暗くて見つけるのが難しいなぁって思ってたんだ』

『確かに、人探しには此処は暗すぎるかもな』

 

 俺とスルーとヨルの三人は、並んで横になり、ただぼんやりと夜空を眺めた。俺とスルーの間に、ヨルが寝転んでいる。

 あぁ、この寝方は……寮でプラスとベストと俺の三人で寝る時の並びのままだ。

 

 懐かしい。

 そう、全く昔の事などではないのに、何故か、懐かしさを覚えてしまう。懐かしさを覚えてしまう程に、俺はこのいっときの間、プラスへの色眼鏡をたくさんかけては捨てた。

 その度に、俺とプラスの関係は変化していったのだ。

 

 ウマの合う友人から、一人の人間を共に育む夫婦から、譲れぬ大切なモノを賭けて拳を交らせ合う敵同士から、過去の誰かを想い憎しみすら抱く仇のような相手から――

 

 今、俺達の関係はどこにあるのだろう。

 俺は今、何色の眼鏡で、このスルーを見ているのだろう。

 

『……スルー』

『どうした?ヨル?』

『っ』

 

 “ヨル”とスルーに呼ばれた小さな我が子は、その瞬間、ヒクリとその小さな肩を震わせた。きっと、スルーの姿とその呼び方に、強い懐かしさを覚えてしまったに違いない。ヨルの記憶の中にある、最も幸福だった頃の、あの日々の記憶が。

 

 泣いていないだろうか。

 

『お前は、こんなに暗い場所で、ひとり……寂しくないのか?』

 

 あぁ、泣いてはいないようだ。

 けれど、その声はやっぱりどこか震えている。必死に泣くまいとこらえるその横顔が、俺にはどうしようもなくいじらしく見えて仕方がなかった。

 

『確かに。ここに一人は寂しそうだな』

『なんで、そんなに他人事のように言う』

 

 ヨルの体が俺に背を向け、完全にスルーへと向けられた。間髪入れずに放たれたその問いかけに、ヨルの必死な気持ちが滲み出ている。

 ヨルはスルーの全てを受け止めたいのだろう。寂しさも、苦しさも、悔しさも、怒りも。何でもいいから、口にして欲しいに違いない。

 

 けれど、ヨルの食いつくような問いかけに、スルーは「ううん」と、少し困ったように唸った。

 

『俺は何も覚えていないから、色々とよく分からないんだ。此処に一人は寂しいだろうが、それでもいいと思っている、気がする』

『どうしてだ?自分の事だろう?寂しいなら寂しいと言っていいんだ』

『……何と、比べて寂しいと思えばいいか分からない。俺には寂しさを感じる為の、記憶も、感情も、何もない。きっと寂しい気持ち以外も、同じなんだろうな』

『っ』

 

 スルーの言葉に、俺はヨルの背中が小さく震えるのを間近に見た。そして、それは同時に俺の心にもヒンヤリとした風を吹かせる。

 そうか、思い出が無ければ、自分の気持ちや感情を判断する事も出来ないのか。

 

『そんな……』

 

 ずっと、一人というのは、誰かと共に温かい時を過ごした記憶があるからこそ、“寂しい”という感情を生む。記憶というのは、“今の自分”を知る、唯一の手掛かりなのだ。

 もしかしたら、此処が月も星もない曇り空なのは、スルーのこの失くした記憶が関係しているのかもしれない。

 

『スルー、お前が……こんな場所で、一人で居て良い訳がないだろう。そんな事は俺が……させたくなかった。させないために生きたかった……。しかし、結局、俺がお前をここに落としたんだ』

『ヨル?』

 

 悔しさに塗れたヨルの声が、微かな震えと共に紡がれる。

 

 俺はここに来る途中、スルーの記憶を共に追体験した。

 あの記憶の中のスルーは“一人”が寂しいと、赤ん坊のようにヨルに泣いていたのに。今は、ヨルが隣に居ても、何にも気付けない。

 

 この漫然と広がる寂しさの草原に自身が立っている事にも、そして、隣にずっと待っていたヨルが居る事にも。

 何一つ、気付く事が出来ない。

 

『結局……俺は、お前の星にも、月にもなれなかった。夜の暗闇しか、お前には与えられなかった』

『ヨル、何を言ってるんだ?俺にも分かるように言ってくれ』

『スルー、スルー、するー……俺は、どうやったらお前を幸福にしてやれる?弱い俺のせいで、これ以上お前を寂しさにすら気付けない、こんな場所になど……居させたくない』

 

 気持ちを受け止めてやりたいのに、当の本人が自身の感情に気付けない。ヨルは今、頑張って両手を広げてスルーの前に立っているのに、スルーは何も分からず首を傾げて立ち尽くしているのだ。

 

 あぁ、もう!こんなもどかしい事って他にあるだろうか!

 こんなのまるで【金持ち父さん、貧乏父さん】じゃないか。

 

『スルー。この子は……ヨルはね。キミに幸福になって欲しいんだよ!』

 

 俺は目の前の小さな背中を押すように、スルーへと声をかけた。それと合わせて、ヨルの背を撫でてやる。

 スルーもプラスも俺と同じで言葉をたくさんは知らないし、ぎょうかんも読めない。でも、俺と同じだからこそ分かる事もある。

 

『俺に、幸福に?』

『幸福ってわかる?どういう気持ちか』

『分かるような、分からないような』

『正直に言えよ』

『……わからない』

 

 ググググと、唸るスルーに俺はガバリと起き上がった。まったく、そんな事だろうと思った。

 

『スルー、ヨル。二人共起きるんだ!』

 

 そんな俺に対し、此方を向けて横になっていたスルーが、シパシパと目を瞬かせる。同時に、それまで俺に背を向けてスルーの方を見ていたヨルまでもが、振り返って俺へと目を向けた。

 

『起きて、ほら!早く!立って』

『あ、あぁ』

『わかった』

 

 俺はのそりと立ち上がる二人の横で、まずは立ち上がったヨルを後ろから抱っこした。

 抱っこして思う。此処はマナの世界なのに、ちゃんと重さがある。そして、どうしてだろう。不思議な事に、外で“ベスト”を抱っこするよりも、少しだけ重く感じた。

 

『あ、アウト?急に、なんだ?』

『この後は、男の子なんだからヨルが自分で考えるんだよ』

『は?』

 

 そう、戸惑いの声を上げるヨルを、俺は無視する。

 好きな子を幸せにする方法は、ヨルならもう知っている筈だ。だって、ウィズもオブも知っていたんだから。そのお父さんである、この子が知らない筈がない。

 

最終章:酒は百毒の長
米騒動
タイトルとURLをコピーしました