9:暴走する母性

 

 

 最早、耳朶だけではなく顔や、首筋、その他全部を真っ赤に色づかせて口にするウィズの姿に、俺はその瞬間、体中に一気にお花畑が咲き誇るのを感じた。

 予想していなかったウィズからの、とんでもなく可愛い告白。

 

「うぃず、おいでっ!」

 

その可愛らし過ぎる存在に、俺の中のおかあさんと、メスの気持ちが一気に弾け飛んだ。おいで!と俺は、いつもベッドの脇にウィズが大量に買い込んで置いている避妊具へと手を伸ばすと、乱暴に包装を剥がした。

 

 そんな俺の様子に、ウィズはと言えば完全に呆気にとられたような顔で此方を見ていた。

 

「おれが、つけてあげる。おいで、うぃず。ここ、すきでしょ?おれ、たくさんうぃずを、うみたいから、はやく、はやく――」

おいでっ!

 

 

 

        〇

 

「っひぁぁぁっ!」

「あうとっ、もっと、もっと奥にはいりたいっ。出したいっ」

「っひぁっ、かわいっ!ん、きてきてきてきて!よ、しよし。すゆ。うぃずが、かわいくって、すきすき。いいこ、いいこ」

 

 全然いつもと違うウィズの姿に、俺はウィズの上で腰を振りながら、ちゅっちゅっとウィズの唇に口付けを落とした。そんな俺に、ウィズが甘えるように、俺の舌に自分の舌を絡める。

 

「ん――」

 

 ウィズの普段では聞けないような甘える声が、口付けをする隙間から漏れ出る。「んー―」って、かわいい、かわいい!ウィズが可愛すぎて、俺の中から、穴から垂れてくるとろとろの液体が、とめどなく流れ出る。

 

「ぁう、と。もっといっきに、こしを、おろせるか?」

「ん、できる。うぃず、きもちいの、ぜんぶ、してあげるっ」

 

 俺の腰からお尻にかけて、サスサスと撫でまわされるウィズの手は、どこか必死で「おかあさん、おかあさん」と言っているような気さえして、その手つきにすら、俺は興奮した。

 

 ズルズルと出たり入ったりを繰り返すウィズのモノが酷く熱くて自分勝手で、ひくひくと震える様すら、赤ん坊のようで可愛らしい。結合部分がこすられ過ぎてズブズブと泡立つ感覚が走る。

 

「っはふ」

「っく」

 

 ウィズの要望通り、ズルリとギリギリまでウィズの雄を引き抜く。

まるで、離れないで、とでも言うようにビキビキに浮き立つ血管と、今にも射精せんとしてパンパンに膨らむ玉が視界の片隅に映る。

 

「かわいいこ」

「っくそ、っくそ」

 

 俺がウィズの胸の突起をヨシヨシと撫でながら言うと、ウィズの立ち上っていた雄が、俺の中を通して更に天井を向こうとする。

俺はやっぱりその必死な姿に可愛さを覚えてしまう。

 

「ぜんぶ、かわい。ぜったい、うぃずは、おれの」

「っ!ぁうとっ。あまり、抜きすぎるな……」

「だいじょうぶ、ちゃんと、はなさないから。いいこ、いいこだね」

「っっは」

 

 前まで、たまに自分とは大きさも形も違い過ぎて「こわいな」なんて思った事もあったけど、まったくその時の俺はなんにもわかちゃいない!

 俺はつやつやに形を保つウィズの雄の先端を、よしよしと入口のヒダで撫でるように、小刻みに動かした。

 

「っぁん、んっんっひ。きもち、きもちーね?うぃず、いいこ。かわいいこ」

「あ、うと……そろそろ、もう……がまん」

「ん。わかった。いっきに、おいでってするから、びっくり、しないでね」

「あぁっ……もう、耐えられん」

 

 苛ついたように頷くウィズに、俺は一気にウィズの上に体重をかけた。すると、それまで入口でヒクついていたウィズの雄が、俺の最奥をつく。

 

「っひぁぁぁんっ!っふあ!かわっ。いっ。うぃずの、いっぱい、よしよしっすゆ、もっともっと、かわいいとこ、みせてぇっ」

「っくそ、くそくそくそくそ!ちくしょうっ!俺だって何の隔たりもなくお前を感じたいさっ!直接お前を感じたい!でも!しないっ!アウト、お前の一番は、もう何があっても、誰にも渡さんっ」

 

 ここまでくると、ウィズももう好き勝手だった。

いつの間にか、ウィズの上に乗っていた俺は、両足首をウィズによって固定され、まるで射精玩具のように扱われた。

 でも、それも我儘な息子をあやしているようで、心の底から嬉しかった。今の俺は、どんなウィズだって簡単に受け入れられる。

 

今回の発情期。俺は数えきれないほど、ウィズをお腹から産み落とした。それに、かわいいかわいいウィズの雄に、お洋服を着せてあげるのは俺の役目だ。だって、俺はウィズのお母さんなのだから。

 

「こぅ?」

「あぁ、上手いじゃないか」

「ふふ。よしよし……っふ、んんっ」

 

こうやって、着せて上げる時に、かわいいねって口付けするのも忘れない。

 

「はぁっ、まったく。たまらんな……」

「ふふ」

 

 そうすると、凄く喜んでくれるから、俺はウィズを産むだけじゃなくて、ウィズをたくさん飲み込んだ。褒められた舌さばきで、たくさんたくさん、口でもウィズをよしよししたのだ。

 

「っふ、んく、んく」

「っく、っはぁっは。ぁうと」

 

 正直、苦くて、変な味だなって思っていたソレも、赤ちゃんのウィズだと思うと全部美味しく感じた。

ぜんぶ、ぜんぶ俺がシてあげたい。

 もう、飲み過ぎて逆に赤ちゃんが出来てしまうんじゃないかな?って心配になるくらい、俺はたくさん、たくさん、ウィズを飲み込んだ。

 

「あうと、あうと、あうと……あうとっ!愛してるっ」

「うぃず、かわいいよぉ。かわいい、かわいいかわいい。だいすき」

 

 こうして、俺の内部をガラリと作り変えてしまう程の、強く激しい一週間は、どっぷりとした眠気の中で終わりを告げたのだった。

 

 あぁっ!ウィズ、かわいい!

 

 

タイトルとURLをコピーしました