46:無視すんなよ

 

—–

——–

————

 

 

「俺の名前は、仲本 聡志。イーサ。これからよろしくな」

 

 

 それは、まさに今更過ぎる自己紹介だった。

 俺達がこうしてお互いに扉越しの交流を重ねるようになって、優に一カ月以上は経過している。本当に、今更だ。

 

 そんな俺の自己紹介に、イーサからのノックによる返事はない。ただ、イーサが扉のすぐ向こう側に居る事だけは分かる。

 だから、いい。返事がなくとも、イーサに俺の口から、俺の名前を伝えられれば、それで十分なのだ。

 

「喜べ、イーサ。さっき部屋守を代わって貰ったからな。今回はいつもより長く一緒にいられるぞ」

 

 この世界に来て、俺は自分の名前の必要性を、少しずつ失いかけていた。

 ここの奴らと来たら、皆して俺の事を“人間”なんて呼ぶのだ。しかも、幸か不幸か、俺の周囲には“人間”は俺だけだった。そうなると、俺の“仲本 聡志”という名前の必要性は、ほぼ皆無に等しくなった。

 

「だから、イーサ。今日だけは特別。夜更かししてもいいぞ?」

 

 そう、此処で“仲本聡志”の名前は、“人間”になってしまったのだ。まったく。おかげで、大変な目にあった。

 なにせ、自分で自分の存在や気持ちを、認識できなくなっていたのだ。

終いには「人間の俺なんかが、」なんて、自分で口にするようになる始末。あぁ、危ない危ない。

 

「今日の俺は、絶対に途中で寝ろなんてつまんない事は言わない」

 

 謙遜は過剰にやると卑屈を生む。なのに、大人はこの過剰な謙遜が大好きだ。

「うちの子なんて」「私なんて」「俺なんて」

 なんて、なんて、なんてのごっこ遊び。子供の頃は、何で大人はすぐにそんな事を言うのだと思っていたが、俺も知らぬ間にやるようになってしまっていた。

 

 本当にたまらない。

 これは、臆病な大人が自分を守る為に口にした挙句、己を谷底へと突き落とすヘンテコな言葉だ。

 

「なぁ。夜更かしってさ、なんかワクワクしないか?」

 

 俺は、自身の声に抑えきれない喜色を含ませながら、扉の向こうに居るイーサへと話しかけ続けた。

だが、やはり返事はない。こんなに静かなイーサは初めてだ。最近は必要以上にドンドンバタバタと、全身全霊で「イヤ!」を体現していたというのに。

 

「……ま、少なくとも俺はワクワクするけどな」

 

 もう、イヤイヤ期は卒業したのだろうか。だとすれば上々。

 なにせ、明後日から、しばらく俺は、イーサの側には居てやれなくなるのだ。

でも、俺が居なくなったらイーサは誰に“嫌な事”を伝えるのだろう。「イヤイヤ」と素直に発散できる相手が居なくなってしまえば、それだけでもストレスが溜まるんじゃないか。

 

 それだけが心配だ。

 

「よいしょっと」

 

 俺は、いつものように扉を背にしてその場に座り込むと、ポケットの中からあの記録用紙を取り出した。

 

「なぁ、ずっと立ってると疲れないか?イーサも座れば?」

 

 中でイーサがどんな体勢で居るかは知らないが、見えてるフリして声をかけておく。こういうのうは、自然に、当たり前みたいにして言うのが大事だ。重要なのは、本当にそうか、ではない。

 

 大切なのは、声をかける事。かけ続ける事だ。

 

「イーサ。俺さ、さっき街まで下りてたんだ。明後日からの訓練に必要なモノを、先輩に教えてもらいながら買い揃える為に。いっぱい買い物したぞ。なんか、普通にお泊りグッズみたいな感じだったけど。ただ。金は……先輩にちょっと借りた」

 

 話ながら、イーサが訳してくれた掲示板の文章に、上から下までサッと目を通す。

 うん、書いてある事は粗方準備が出来たはずだ。となれば、もうこのノートは俺には必要ない。

 

「早いなぁ。ここに来て、もうそんなに経つのか」

 

 早いもので、一冊目のノートは、先程使い切った。

 よくもまぁ、一カ月で全部使い切ったモノだ。パラパラとめくってみれば、それこそ様々な物語の台本が書き下ろされている。

 

 ひとまず訓練でも一体何に使うか分からない為、さっきの買い物の途中二冊目を買っておいた。マナの練り込まれた防水用紙とやらがあったので、少し値も張ったがソレにした。

 

「たくさん“お話”したなぁ」

 

 訓練中も、出来るだけ物語の台本を書く為に。雨に濡れて、グチャグチャになってはたまらない。

そう。ここに帰った時に、イーサに話してやれるお話は、多い方が良い。

 

「あぁ、そうそう。俺からイーサに、渡したいモノがあるから。後で、ちょっと扉を開けてくれよ。ほんと、ちょっとでいいからさ」

 

 やはり、何のノックも返されない。静かだ。

 

「ちゃんと、こないだ言ってたご褒美もあるんだぞ」

 

 俺は、自身の隣にドッサリと積み上げられた買い物袋の山と、未だに何の反応もみせないイーサに小さく溜息を吐いた。もうそろそろ、俺も限界だ。返事のない会話は、なかなか寂しいモノがある。

 

「イーサ、俺。明後日からしばらく、ここには来れなくなる。今、話しとかないと……ほら、俺って、もう寿命かもしれ」

コンコン。

 

 ここに来て、イーサの十八番。二度のノック音が俺の言葉を遮って響いてきた。あぁ、やっといつものイーサに戻った。なんだか、そのノック音に酷くホッとしてしまう自分が居る事に気付き、思わず苦笑が漏れた。

 

 なんだよ。「イヤイヤ期は卒業か?そりゃあ上々」なんて思ってた癖に。

 

「やっと、返事した。無視すんなよ。寂しいだろ」

コンコン。

 

 何の事はない。イーサが、俺にだけ向ける「イヤイヤ」という意思表示を、どうやら俺は気に入っていたらしい。けど、そりゃあそうだろ。

 だってさ、あんな激しい「イヤイヤ」なんて。

 

「え?無視してないって?無視したじゃんか。俺、ずっと一人で喋ってただろうが」

コンコン。

 

 心の許した相手にしか、なかなか言えない言葉なんだから。

 

「そんなつもりはない?へぇ、じゃあイーサは何で返事しなかったんだよ」

 

 無音。

 

「あ」

 

 あぁ、いけね。こう言う尋ね方をしたら、イーサが答えられないんだった。やっと返事をしてくれた事で、ちょっと気が急いていたらしい。

仕方がない。話題を変えよう。もっと、こう。イエス、ノーで答えられる話を、

 

「かんがえて、いた」

 

 その瞬間、俺の中の時間がピタリと、音を立てて止まった気がした。

 声が聞こえた。扉の向こうから、確かに、俺ではない声が。

 

「いーさ?」

 

 俺は勢いよく扉に向かって振り返ると、扉に向かってピタリと耳をくっつけた。

 確かに聞こえた。イーサの声だ。そして、この声は、なんだ。酷く懐かしいような気もするし、けれど、まったく初めて聞くような気もする。

 

 

 誰だ、お前は。

 

 

第1章:俺の声は何!?
米騒動
タイトルとURLをコピーしました