90:サトシの癇癪

 

 

 毎日、毎日。

 夢を見るんだ。

 

『…また、ここか』

 

 何の夢かって?そりゃあ、イーサの夢を、だ。

 起きたらスッカリ忘れちまうのに、眠ると、これまでの夢の事も全部思い出す。いつも始まりは王宮の中庭の小道。

 

 イーサの部屋守の時に必ず通る場所だ。

 

『イーサ』

 

 誰かに何かを言われた訳でもないのに、俺はイーサの部屋へと向かう。俺が行きたいから行く。早くイーサに会いたくて、俺は、王宮の、誰も近寄らないあの部屋を目指す。

 

『いーさぁ』

 

 コンコン。

 あの大きな部屋の扉を、何の躊躇いもなくノックする。俺の声は、細くて、高くて、そしてユラユラだ。

だって、俺は夢の中じゃ、普段の俺とは全然違う姿をしているのだから。

 

『開けて―。オレだよ。サトシだよー。あそぼー』

 

 俺は、夢の中では子供だ。八歳の、幼い子供の姿をしている。

 

『イーサぁ、イーサってばー!』

 

 それもこれも、全部イーサの仕業だ。

『サトシは癇癪が下手くそだから、上手に癇癪を起せるように、魔法をかけた』と、そんな訳のわからない事を言って、イーサは俺を子供の姿にした。だから、俺は夢の中では、いつも子供特有の高い声で、イーサを呼ぶ。

 

 まぁ、夢だから何でもアリだ。

 

 ガチャリ。

 

 イーサの部屋の扉が開いた。

 

『イーサッ!』

 

 俺は、扉の先に現れた、その大きな体に勢いよく抱き着いた。濃い太陽の匂いがする。どこか、懐かしい気持ちになる匂いだ。

 

『イーサぁ』

 

 いつもは絶対にこんな事はしない。夢の中だから、子供の姿だから、出来る。甘えられる。そして、抱き着いた体から顔を上げると、俺の視界は、いつもぼやけて何もまともに映せないのだ。

 

『どうした?サトシ』

 

 イーサの低くて落ち着いた声が、俺の耳元で聞こえる。その声を聞くと、俺は安心して、より一層視界がユラユラになるのだ。もう、イーサの顔なんて全然見えない。

 

『い゛―ざぁ』

 

 ここ最近、俺はずっとイーサの前で泣いている。

 

『サトシ、今日も上手に癇癪を起せそうか?』

『う゛んっ』

『さて、じゃあイーサの癇癪より上手か、ちゃんと見てやろう』

『うえぇぇえぇっ!』

 

 夢から覚めると、いつも忘れてしまう。

 俺は夢の中で、いつもイーサに癇癪を起して泣いている事を。

 

 

 

「いーさ……」

「……サトシ、また泣いてる」

 

 そう小さく呟いて、ポロリと涙を流す俺の姿を見ているのは、きっとエーイチだけだ。俺すら知らない。なにせ、起きたら忘れる。涙の痕も消えてなくなる。

 

「いーさぁ」

 

 でも、起きるといつも俺はイーサに会いたくて仕方がない。会いたいというその残滓だけは、明確に残る。

俺が初めて夢の中で泣いた日。

 

 それは、ナンス鉱山に来て、たった三日目の出来事だった。

 

タイトルとURLをコピーしました