番外編7:ゴウキと一緒なら(ゴウキ×あられ)

※会話文のみ

 

 

In塾

 

ゴウキ(休み時間とかいらねーから、早く授業終わんねーかな。早くあられに会いてぇ)

 

女子「ねぇ、聞いてよ」

女子「なに?」

女子「私の彼氏がさぁ、絶対に会う度にヤりたがんの」

女子「うわぁ」

女子「デートとか本当に雑でさ。なんならすぐに家に来たるからね。うち、基本親居ないからさ」

 

ゴウキ(んーー?)

 

ーーーーあられん家、今日親居る?

ーーーー居ないよ!

ーーーーじゃあ、あられん家行こうぜ。

ーーーーうん!

 

女子「確実にヤる為だけに惰性でデートしてるねぇ」

女子「でしょ!?しかも最近とか、会話すら雑だから!私しか喋ってないから!?」

 

ゴウキ(待て…違うんだ!)

 

ーーーーゴウキ!今朝、コンビニでハラムさんに似た人見つけたんだ!

ーーーーそうか(あられ、可愛い)

ーーーー本当に似てたんだ!だから、今度そのコンビニ一緒に行こ!

ーーーーああ(抱きたい)

 

ゴウキ(あられが可愛いから!意識がソッチに集中しちまうだけで、聞いてない訳じゃねぇんだよ!)

 

女子「最初は私も求められてるんだって思えて嬉しかったけど…。最近、コレってもう体目当ての、ヤり目じゃんって思えてきてさ。うちとか完全にラブホ代わりだし」

女子「ソレ私だったらムリ」

 

ゴウキ(違う違う違う!あられが居てこそだから!?ヤるのだけが目的じゃねぇから!あられ目的だから!)

 

女子「最近、ゴムも付けずにヤろうとするし……」

女子「それ、マジでヤバいって!別れた方がいいよ!」

女子「だよね!?」

 

ゴウキ(それはクズだな!俺は絶対付けるし!)

 

女子「まぁ、ゴムの事は言ったら、納得してくれたけどさ」

女子「あ、分かってくれたんだ。良かったじゃん」

 

ゴウキ(…)

 

女子「でも、もう私も会う度にヤるの嫌だから別れようかなって思ってる」

女子「それが良いかもねー。会う度とかダル過ぎ」

 

ゴウキ(…俺は、会う度にヤってるワケじゃ…)

 

ーーーーあられ、家行っていいか?

ーーーーあられ、今日親居る?

ーーーーあられ、今日俺ん家親居ねぇから。

 

ゴウキ(…)

 

女子「別れよってラインしたわ」

女子「はやっ。ウケる」

 

ゴウキ「っ!」ガタン!

 

女子「っへ?」

女子「ゴウキ?」

 

ゴウキ(あられ…待てよ!俺は体目当てじゃねぇからな!俺はっ!違う!)バッ!

 

女子「ちょっ!ゴウキ!もうすぐ授業!ゴウキってば!」

女子「最近ゴウキ君、サボり多いよねー」

 

ーーーー

ーー

Inコンビニ

ゴウキ「あられっ!」

あられ「あれ?ゴウキだ!今日は早かったねー!」

ゴウキ「(あられ、豆乳飲んでやがる…可愛い過ぎだろ)じゃねぇっ!」

あられ「っえ!俺、何か間違った?え?」

ゴウキ「あられ、俺はな?お前の体が目的なワケじゃねぇ。俺の目的はあられだ」

 

あられ「??」

ゴウキ「(全然分かってねぇ…可愛い)じゃなくて!俺、最近、普段はあんま喋ってなかったかもしんねーけど、それは…お前の話を聞くのが好きで…だから、」

あられ「ゴウキ、喋ってくれてるよ」

ゴウキ「あ。そ、そうか?」

あられ「うん!ゴウキはたくさん話しかけてくれるじゃん!」

 

ゴウキ「え?そんなに俺、話かけてたか?」

あられ「うん!ココが気持ちいんだろ?とか、どこが気持ちいか言え、とか!」

ゴウキ「んーー?(それって、もしかして)」

あられ「それに、色々俺が分かってない、俺の体の事もたくさん教えてくれるよね。へへ」

ゴウキ「お、おい。あられ…声を少し、」

 

あられ「俺の体のココは喜んでるぞ、とか、ここがお前の良い所だ、とかさ」

ゴウキ「ちょっ!」

あられ「俺、自分の体の事なのに、ちっとも自分のキモチイイ所とか分かってなかった。ゴウキは頭が良いから教えるのも上手だなぁって、ずっと思ってた!」

ゴウキ「あられー!出るぞーー!(っべぇ!)」

 

 

あられの中では言葉責めも、れっきとした会話であり、コミュニケーションとして捉えられています。そもそも、言葉責めの概念などない。

 

 

ゴウキ(あられにとって、アレもお喋りになんのか……可愛過ぎだろ。絶対今日も抱く)

あられ(ゴウキ、今日も楽しそうだなー!)

 

 

ゴウキと一緒なら何でもいい!

 

 

タイトルとURLをコピーしました