番外編10:あられのリップサービス(ゴウキ×あられ)

※会話文のみ

 

 

ファミレスにて

 

ゴウキ「あられ、好きなの注文しろよ」

あられ「(レ、レストランなんて、いつぶりだろ)…えっと。じゃあ、この、セットのサラダってやつで」

ゴウキ「女子か!つーか!セットのサラダはセットにしねぇと注文出来ねぇし!また値段で決めてんだろ!」

あられ「あ、そうなんだ」おろ

 

ゴウキ「もういい。俺が決める。あられは、このチキン南蛮膳な!」

あられ「(高い!多い!食べれない!)じゃあ!こっち!こっちのチキンドリアがいい!」

ゴウキ「(これも安い……が)わかった。ドリンクバーとスープバーも付けるからな。好きに飲めよ」

あられ「ドリンクバー?スープバー?」

 

ゴウキ「(知らねぇのか)あっこ、好きな飲み物と、スープを好きなだけ飲んでいいヤツ」

あられ「好きなだけ!?本当に!?高いんじゃない!?」

ゴウキ「高くねぇから。いくら飲んでも値段変わらないから、マジで遠慮すんなよ(マジで知らねぇのか…)」

あられ「すごい…!こんなの初めて!」パァ

 

ゴウキ(今のセリフ…エロすぎだろ…誘ってんのか?)思春期AV脳

あられ「取ってくる!」

ゴウキ「おう(あー、今日はどこでヤるかなーー!)」

ーーーー

ーー

あられ「おいしかった!」

ゴウキ(あられは食ってる所もエロ可愛いかった)

 

女性客「あの男、マジでキモくてさぁ」

女性客「なになに?」

 

女性客「こんなの初めてぇって、それ信じるヤツいる?リップサービスに気付いてないの!本気で!」

女性客「それ重傷。童貞なんじゃない?」

 

ゴウキ「ぐ(聞きたくねぇ、こういう裏話)」

あられ「…ねぇねぇ。ゴウキ」コソ

ゴウキ「ん?(あられの純粋さと可愛さが際立つ。俺、あられでよかった)」

 

あられ「“りっぷさーびす”に気付かないってすごいね?あの女の子、下手なのかな?」

ゴウキ「え?」

あられ「ゴウキは気付いてるよね?オレ、いっぱいゴウキに“りっぷさーびす”してるけど。分かるよね?」

ゴウキ「え?(ウソだろ?ゴウキ格好良いとか、ヤってる時のヤツとかも全部お世辞…え?)」

 

あられ「え?もしかして…気付いてなかった?うそ!」

ゴウキ「え、マジで?(あられはどこまで本気なんだ…?俺が一人ではしゃいでだだけ…か?)」

あられ「え、も、も、も!もしかして、オレ下手くそだった!?“りっぷさーびす”!」

ゴウキ「…下手じゃねぇよ。全然、気付かなかったし」絶望

 

あられ「気付かなかったって……それじゃダメだよ!ゴウキはオレの”リップサービス“が気持ちよくなかったってことでしょう?それじゃダメだ…」

ゴウキ「ん?(何だ?噛み合ってねぇ?)

あられ「ハラムさんのマネして頑張ってたけど、まだ全然だった。ゴウキが褒めてくれるから、勘違いしてた…」

 

ゴウキ「あられ…リップサービスって、何だと思ってる」

あられ「え?えっと、く、口でエッチな事をする事でしょう?」コソ

ゴウキ「…」

あられ「オレ、もう少しハラムさんの動画見て、勉強する(ゴウキ、オレが何してるか気付いてなかったんだ」

ゴウキ「よがっだーーー!」ガバッ

あられ「え!?」

 

ゴウキ「気付いてる!気付いてるから!?俺、あられのリップサービス最高に好きだから!?」ガシ!

あられ「そ、そう?お世辞じゃなくて?」

ゴウキ「お世辞じゃねぇ!俺はいつだってマジだ!ここでもリップサービスして欲しいくらだ!」

あられ「ゴウキ!そんな事、大声で言ったら恥ずかしいよ!」照

 

ゴウキ「あぁ、良かった。本当に良かった…何も信じられなくなる所だった…」

あられ「(そんなに気に入ってくれてたんだ。俺のりっぷさーびす……)今日も、りっぷさーびすがんばるね!」

ゴウキ「頼む…!」

 

女性客「あの子達、ヤバくない?」

女性客「どういう関係よ?」

 

あられ、言葉を知らない。雰囲気で、リップサービスをエッチな行為だと思っている。

 

周囲で聞いていると、平凡学生に、イケメン学生がお世辞を懇願しているように見える。

 

あられ「ゴウキ、昨日の俺のりっぷさーびすはどうだった?」コソ

ゴウキ「最高過ぎ。またヤってくれ」

 

女子生徒「え?」

 

 

タイトルとURLをコピーしました