第4章:俺の声を聴け!

第4章:俺の声を聴け!

198:サトシの聞いて聞いて!

『サトシ!』 そして、そこにはやはりエーイチの想像した通り、不安そうな表情を浮かべる友達の姿。サトシが居た。同時に、先程まで腹の底に渦巻いていた不安が一気に消えてなくなる。 『サトシ!やっぱりサトシだ!』 ほらね。...
第4章:俺の声を聴け!

197:たった一人しか入れない部屋

---------- ------- ---- ≪砦にて最前線に立つ勇敢なるリーガラントの兵士達よ。我が名はジェローム・ボルカー。リーガラント国元帥である≫ 『ジェローム。まさか……アイツ、ここに来てたのか』 『…...
第4章:俺の声を聴け!

幕間16:クリアデータ7 07:10

「うーん、無事にリーガラント軍を撤退させる事は出来たけど、皆に私がこの世界の住人じゃないってバレちゃったわね」 体を投げ出した体勢でベッドを背もたれにしながら、栞はジッとテレビ画面を眺めた。そこには、驚いた表情で此方を見つ...
第4章:俺の声を聴け!

196:詰問の時間です!

俺は……仲本聡志は、困り果てていた。何をって。そりゃあこの状況に、だ。 「これは一体どういう事ですか?サトシ・ナカモト」 「あ、え?いや……えっと」 「どういう事ですか?」と俺に腕組をして問いかけてくるのは、声だけ...
第4章:俺の声を聴け!

195:大混乱

------------ -------- ----- リーガラント国最高指導者、ジェローム・ボルカーは大いに混乱していた。 「おいっ!これはどういう事だ!何故俺の指示なしに全軍が撤退している!?」 普段の彼ならば...
タイトルとURLをコピーしました