ゆうふくママと、ひんこんママ

ゆうふくママと、ひんこんママ

6:村でのママたち

ヴィア、すき エクセプト「(ヴィア…すき)」 ザン「(この鳥の死骸をどうしろと)」 オブ「(お父様の事が嫌いだからって、何もこんな嫌がらせをしなくても)」 ザン「おい」 エクセプト「……なに(この人きらい)」 ザン「この...
ゆうふくママと、ひんこんママ

5:ゆうふくママと、ひんこんママ④

4:私をどこかへ 「そうね。きっとこれじゃあ足りないわ」  私が彼女に触れられていた手を、もう片方の手でソッと握り締めていると、隣でポソリとした呟きが聞こえてきました。  どうやら、彼女は自分の持っているあの鳥の亡骸に不満...
ゆうふくママと、ひんこんママ

4:ゆうふくママと、ひんこんママ③

3:彼女はまるで、 「こんにちは。これは貴方の帽子よね?」 「……は、はい」 「ヒラヒラして、手触りも良いし、色も春のお花みたい。素敵な帽子ね」  彼女は帽子を見てニコリと微笑みます。その意思の強そうな眉と、真っ黒で大き...
ゆうふくママと、ひんこんママ

3:ゆうふくママと、ひんこんママ②

2:王子様現る 「靴が汚れてしまったわ」  私は一人で歩いていました。  前の日に雨でも降ったのか、私の歩いている小道は、もちろん煉瓦で補整されているわけでもない、泥だらけでべちゃべちゃの道です。  ニースは居ません...
ゆうふくママと、ひんこんママ

2:ゆうふくママと、ひんこんママ①

1:生誕のお祝い  自国を救う為に敵国へと潜入した男装の姫君は、敵国の王子様と最初こそ対立し合いますが、最後の頁では平和と永遠を誓い口付けを交わします。 帝国最強と謳われた美丈夫の騎士は、傷を負った時に手を差し伸べてくれた平凡な...
タイトルとURLをコピーしました